雇用契約・派遣・請負

雇用契約・派遣・請負

Aさんは某大手企業の契約社員として、一定期間雇用されていました。しかし、契約期間が終了する日になっても、雇用契約の更新や正社員への転換の話が出ず、いつまで働けるか不安を感じています。今後の対処方法について法律相談をしたいと思います。

Aさんが契約期間が終了した後に、自動的に雇用契約が更新されるかどうか、または正...

Jさんは、雇用契約中に退職を考えている場合に、退職理由の示し方や退職時の手続きなどについて相談したいと思います。

Jさんが雇用契約中に退職を考えた場合、退職理由の示し方や退職時の手続きについて...

Bさんは派遣社員として働いている社員の指示に従って業務を行っていたところ、指示内容が不適切だったため、誤った作業を行ってしまいました。このような場合、派遣会社や現場の企業から責任を追及される可能性はあるのか、相談したいと思います。

Bさんが派遣社員として働いている場合、労働者としての権利や義務は、契約書、派遣...

Cさんは自分が所属する会社で、自分よりも後に入社した社員が正社員になってしまい、自分は未だに契約社員のままであることに不満を感じています。このような場合、正規雇用化に向けた提案や充分な理由を示すことについて相談したいと思います。

まず、Cさんが所属する会社が法人である場合、労働契約法及び労働基準法が適用され...

Dさんは契約社員として働き始めたばかりで、まだ仕事のやり方も把握していない中で、大量の仕事が出され、業務負担が大きすぎると感じています。このような場合、どのように対処すればよいのか相談したいと思います。

Dさんが業務負担が大きすぎると感じる場合、まずは上司や人事担当者に相談すること...

Eさんは、一般派遣社員として働いている中で、ある企業から派遣先の会社へと労働力を提供したかと思えば、すぐに異なる企業へと業務が変更されることが多く、業務内容に一貫性がないため、業務の適正化や中長期的な業務計画の見直しなどについて相談したいと思います。

一般派遣社員として働く場合、派遣元の企業から派遣先の企業へ労働力が提供されるた...

Fさんは、業務請負契約で納入物件を受け取ったにもかかわらず、納入物件が納期に遅れたため、当事者間でトラブルが発生しています。このような場合、請負契約書に基づいた対処方法や示談交渉について相談したいと思います。

業務請負契約とは、一般的には業務委託契約と同様のものと考えられていますが、業務...

Gさんは、元請業者が依頼した作業内容に従って業務をこなしていたにもかかわらず、不具合が発生し、再工事が必要になった場合には、請負業者が再工事の費用を負担する必要があるのか相談したいと思います。

元請業者と請負業者との間の契約内容によって、再工事費用負担に関する規定が異なる...

Hさんは、請負業者として実施した作業内容が、顧客側から重大な問題点を指摘されてしまい、これにより請負契約書に定める保証規定に立脚した取引が求められることになった場合には、どのような法的対応が必要か相談したいと思います。

請負業者であるHさんが実施した作業内容について、顧客から重大な問題点が指摘され...

Iさんは、請負業者としての作業契約中に、クライアントからの追加依頼によって作業が複雑化してしまい、契約期間を大幅に超えることになった場合に、追加請求金額や追加契約の必要性について相談したいと思います。

請負契約に基づく作業において、クライアントからの追加依頼によって作業が複雑化し...

おすすめ法律相談

Gさんが、知り合いのツイートに対してネガティブなコメントを書いたところ、その知り合いに反論される形でさらなる悪口を言われてしまった。知り合いは、Gさんの職業にまで触れ、身に覚えのない罪状を流布している。Gさんはそのような名誉毀損に耐えられず、相手に対して制裁を受け入れるかもしれないと感じている。

まず初めに、名誉毀損とは、「個人の名誉や信用を毀損する行為」のことを指すもので...

勤務規則により発言や行動に注意を払う旨が規定されていますが、その基準が明確に定められていません。これは違法ではありませんか?

労働者として働く際には、雇用者が作成した勤務規則に従うことが求められます。勤務...

Gさんは、工事会社から進捗状況の報告がなく、工事が順調に進んでいるか不安になっている。契約内容の確認や進捗状況の報告の義務について、法的助言を求めている。

はじめに、契約に関する法的な基礎知識を説明します。 契約とは、当事者間の約束に...

Eさんは、沖縄県にあるビーチリゾートホテルで従業員をしている。最近、宿泊客からのプライバシーに関する不安が多く、Eさんが守るべき個人情報保護について再確認したいと思っている。

個人情報保護に関する法律として、平成15年に施行された「個人情報保護法」があり...

Gさんは、亡くなった母親から父親を探し出したいと希望しています。母親は結婚したことがなく、父親の情報が全く掴めていません。相談者自身も父親についての情報は一切知りません。相談者にできることがあるのか、相談しています。

まず、Gさんが父親を探し出す際に行うべき手続きについて説明します。 まず、母...

Eさん Eさんは、商標登録について相談したいと思っています。Eさんが使用しているロゴが、似たようなものが既に登録されているのではないかと心配しています。

商標登録について相談する際には、まず自分の使用している商標が既に登録されている...

自社が企画したキャンペーンで、初めに告知された景品と異なる景品が当選者に送られたという苦情が多数寄せられている。このような場合、景品表示法に違反しているのかアドバイスを求めたい。

景品表示法とは、消費者を欺くことなく、正確な情報を提供することを義務づけた法律...

土地を所有しているので、新しい住宅を建設することにしました。しかし、都市計画に反しているため、建設許可を取得できません。どのようにして建設許可を取得できますか?

土地所有者が、都市計画に反しているために建設許可を受けられない場合、建設を実行...

Bさんは、ペット可の賃貸物件で犬を飼っています。しかし、近所の住人から犬が騒がしいとクレームを受け、管理会社からも注意を受けました。Bさんは、犬の鳴き声を抑えるためにどうしたら良いでしょうか?

Bさんの場合、まず最初に確認するべきは、借りている物件のルール・契約内容です。...

Eさんは、債務整理を行っている最中ですが、差し押さえとなっている動産(車や家電製品)があるため、日常生活に支障が出ています。債務整理が完了するまでに、どのようにして動産を取り戻せばよいのでしょうか。

まずは、債務整理について明確にした上で、差し押さえとなっている動産を取り戻す方...