企業再建・会社法

企業再建・会社法

A社は業績不振に陥っており、再建を考えている。しかし、社員が解雇されることを恐れている。どのように社員を保護しながら再建を進めることができるだろうか。

A社が業績不振に陥り再建を進める場合、社員の解雇は避けては通れない問題である。...

J社は海外展開を考えており、現地の法律について調べている。しかし、法律用語や手続きが分からず困っている。アドバイスをしてほしい。

J社が海外展開を考えるにあたり、現地の法律について調べることは非常に重要です。...

B社は長年の経営不振により、債権者からの借金が膨らんでいる。再建をするためには債務の整理が必要だが、どうすれば良いのか分からない。

B社が経営不振に陥り、債務超過状態に陥った場合、民事再生法が適用されます。民事...

C社は経営不振に陥り、破産の危機に直面している。どのように破産回避をすることができるのか、法的な手続きを教えてほしい。

C社が破産の危機に直面している場合、法的にはいくつかの手続きがあります。C社が...

D社は業績が好調だが、社員に業績への貢献意識を持たせる方法が分からない。企業再建に向けた社員教育のアドバイスをもらいたい。

企業再建を目指す上で、社員の貢献意識を高めることは非常に重要な課題となります。...

E社は新しいビジネスモデルを導入するために、会社法上の規定に詳しい弁護士が必要だ。どのような弁護士を選べばいいのか、アドバイスをください。

ビジネスモデルを導入するためには、会社法上の規定を遵守しなければならず、そのた...

F社は設立当初から経営不振に陥っており、今後の方針をどうするか迷っている。再建するための方策をアドバイスしてほしい。

F社が経営不振に陥っているという状況は、多くの企業が直面している問題です。しか...

G社は競合他社との差別化を図るために、特許を取得する必要がある。どのように特許を取得すれば良いのか、アドバイスをしてほしい。

特許とは、発明者がその発明について独占的に利用する権利を得ることができる制度で...

H社の役員が経営トップの信頼を失い、更迭されることになった。役員更迭の手続きやその影響を教えてほしい。

役員更迭の手続きについて まず、役員更迭とは、会社法において、法人の役員の地...

I社は事業拡大のために新たな事業を始めようとしている。会社法上の手続きやリスクなど、新規事業についてのアドバイスをもらいたい。

I社が新たな事業を始める際には、会社法上の手続きやリスクについてしっかりと把握...

おすすめ法律相談

売買契約書の条件通りに物件を引き渡したが、買主がその後何度もクレームをつけてきて、金銭的な追加請求をしてくる。そもそも契約条件が曖昧だったのか、対応方法を相談したい。

このような場合、売主側はどのように対応すればよいのかについて、以下のように解説...

Fさんは、再婚相手が自分の子どもを養子に迎えることを考えています。元配偶者との協力が必要である手続きについて不安があり、また、養子として迎える子どもにとって違和感がないようにするにはどのようにすればいいか相談してきました。

Fさんが再婚相手が自分の子どもを養子に迎えることを考える場合、法的手続きが必要...

Aさんは、オンラインショッピングサイトで購入した商品が不良品だったため、返品しようとしたところ、ショップからの対応が悪くトラブルになってしまいました。「消費者トラブル・クレーム対応」についての相談です。

はじめに 消費者と事業者の間でトラブルが発生した場合、適切な解決方法を見つけ...

農薬の使用が周囲の生態系に影響を与えているとの報告があります。自身の農業活動を継続しながら、環境への影響を最小限にする方法はありますか?

現代社会において、農薬は草食動物や微生物などの生物や、地球上最大の炭素蓄積源で...

「Cさん」はある企業から商標侵害の警告を受けたため、競合他社であることを理由に商標が無効とする審判を出すことにしたところ、取り消し審判によって無効となることになりました。このような場合、どのように対応すれば良いのでしょうか?背景として、Cさんは医療機器を販売する企業で、警告されたのは同じ医療機器を販売する企業でした。

Cさんが商標侵害の警告を受けた後、競合他社であることを理由に商標が無効とされる...

Eさんは、自宅周辺にある工場からの異臭が原因で健康被害を被っていることを発見しました。しかし、工場側からは問題がないとの回答があり、手ごたえを感じられません。このような場合、どのようにすれば解決できるのでしょうか。

Eさんが自宅周辺にある工場からの異臭による健康被害を被っている場合、解決のため...

Cさんは50代前半の女性で、夫との離婚調停について相談したいと思っています。Cさんは夫と別居して2年が経ちますが、離婚は進展しておらず、夫からは何も連絡がありません。Cさんは、今後の手続について不安に思っているため、弁護士に相談したいと思っています。

はじめに Cさんが夫との離婚調停について相談したいと思っていることから、本回...

所有している動産の価値が低い場合、競売で得られるお金が不足してしまう場合、残りの金額はどのように支払われるのか知りたい

所有している動産の価値が低い場合、競売で得られるお金が不足する可能性があります...

Gさんは、新築一戸建て住宅を購入しましたが、引き渡し後、梅雨時期になったところ、雨漏りが発生しました。引渡し後すぐに建築会社に修理を依頼したところ、「現状、ある程度の雨漏りはやむを得ないものであり、修理は保証外となります」との回答がありました。この場合、どうすればよいでしょうか?

Gさんが新築一戸建て住宅を購入した後に発生した雨漏りに関する問題について、適用...

Eさんは外資系企業で、労働契約書には、ボーナスの支払いについて、会社の決定による旨が明記されていますが、毎年同じような金額が支払われているため、公正性に疑問を感じています。また、出張や残業が多いこともあり、ワークライフバランスの改善を求めています。このような状況で、交渉する際のアプローチやポイントを教えてほしいと考えています。

Eさんは、外資系企業で働いているため、労働契約書に明記されたボーナスの支払いに...