留学生・外国人の法律相談

...
留学期間が終了した後、日本で残りたい場合、どのようにビザを取得できますか?また、期間限定のビザに変更することは可能ですか?

留学期間が終了した後に日本で残る場合、以下の方法でビザを取得することができます。



1. 新しいビザを取得する

留学期間が終了した後、日本で新しいビザを取得することができます。例えば、就労ビザを取得したい場合は、日本国内の企業からオファーを取得し、日本在住の弁護士や専門家のアドバイスを受けて、在留資格を変更する申請を行う必要があります。他にも、日本で起業する場合は起業家ビザを取得することができます。



2. 資格外活動許可を取得する

留学生向けの資格外活動許可(留学生活動許可)を取得することができます。このビザは、留学生が学業と両立しながらアルバイトやインターンシップをすることを許可するものです。留学期間が終了した後も、このビザを取得することで、就労や起業活動を行うことができます。



3. 特定活動ビザを取得する

外国人が日本で行う活動のうち、一定の条件を満たすものは、特定活動ビザに該当します。例えば、文化・芸術分野やスポーツ分野での活動、宗教的な活動、学術交流などが挙げられます。特定活動ビザを取得するためには、専門的な知識や技能を持っていることが求められます。



4. 在留期間延長の申請をする

留学期間が終了した後、在留期間延長の申請をすることができます。この場合、申請者は、申請前に出入国在留管理庁に所定の手続きを行う必要があります。



ビザの期間限定から期間無制限のビザに変更することは可能です。例えば、留学生活動許可を取得した学生が就労ビザに変更する場合、申請人が在留期間内に日本国内の企業からオファーを受け、在留期間内に必要な書類を用意したうえで、在留資格変更許可申請を行います。ただし、在留期間延長や在留資格変更は、申請人の資格や条件により許可される場合とされない場合があるため、必ず弁護士や専門家のアドバイスを受け、正確な手続きを行うことが大切です。



また、在留資格変更や在留期間延長の申請は、出入国在留管理庁で行われるため、申請書類や証明書、申請手続きに関する法律や規則に適合する必要があります。必要な書類や手続きの詳細については、日本国内の弁護士や専門家、出入国在留管理庁のホームページ、または外国人労働者・留学生専門の行政書士などに相談することをおすすめします。



総括すると、留学期間が終了した後も日本で滞在するためには、ビザの取得方法を選択する必要があります。留学生活動許可や特定活動ビザなど、条件に合ったビザを取得することが重要です。また、在留期間延長や在留資格変更を希望する場合は、適切な手続きを行い、必要な書類を用意する必要があります。必ず弁護士や専門家のアドバイスを受け、正確な手続きを行うことが大切です。

おすすめ法律相談

Aさんは、会社で近年取り入れられたテレワーク制度を活用して働いている。しかし、最近上司からのメールやSlackで「今度の出張中にホテルで一緒に泊まらないか」という言葉が繰り返し届くようになってしまった。Aさんはその言葉の意味がよく分からず、嫌な気分になっている。このような場合、ハラスメントにあたるのだろうか。

このような場合、上司からの言動は性的なアプローチを含むものであるため、性的ハラ...

輸出入業務において、貨物本体以外についても規制があることを知ったが、具体的な規制内容と手続きについて知りたい。

輸出入業務において、貨物本体以外についても規制があることは、多くの人が知ってい...

フランチャイズ契約書には、オープニングサポートとして本部から一時金が支払われることが明示されていたが、実際には支払われていない。一時金の支払いを求めることができるか相談したい。

フランチャイズ契約書において明示されているオープニングサポートとしての一時金は...

自己破産を考えていますが、将来的にクレジットカードを再度作れるのか不安です。具体的にどのような手続きが必要で、再度作るためのポイントは何ですか?

自己破産を行なった場合、クレジットカードの発行やキャッシングなどはしばらくの間...

Jさんは、インターネット上で商品購入をした経験があります。しかし、購入先であるECサイトが情報漏洩事件を起こし、Jさんの個人情報も流出していました。Jさんは、自分の個人情報がどのように流出してしまったのか調査し、再発防止策を求めたいと考えています。どのように対処すれば良いでしょうか?

Jさんのように個人情報が流出してしまった場合、日本では個人情報保護法に基づいて...

自分が開発した新技術に対し、特許出願を行ったのですが、拒絶理由が通知されてきました。どのような対応が必要でしょうか?

特許出願は、新しい発明や技術を保護するために行われます。出願後には、専門家によ...

会社にドタキャンされた仕事があり、それが関係会社の上層部による裏取引によるものだと知りました。早急に法的な措置をとりたいと思いますが、証拠を確保することが難しいなどの問題があり、どのように進めればよいか分かりません。

まず最初に、裏取引の存在が確定するために、証拠を収集することが必要です。証拠と...

法人として設立した会社で、特定の業務を行うための許認可が必要になりました。許認可を取得するためには、どのような手続きが必要でしょうか。また、手続きにはどのくらい時間がかかるのでしょうか。背景としては、新たな業務を行うため、必要な許認可を取得している最中です。

法人として設立した会社が特定の業務を行うために必要な許認可を取得するためには、...

ITベンチャーを始めたいと考えているが、会社設立について詳しく知りたい。

ITベンチャーを始める際に必要となる会社設立について、以下のような詳細な情報を...

夫婦で経営していた店舗が破産し、離婚を考えています。財産分与と借金の問題があります。

夫婦で経営していた店舗が破産した場合、夫婦の間で財産分与と借金の問題が発生しま...