留学生・外国人の法律相談

...
ビザの期限が迫っているため、日本でプロセスを経ずに結婚したいと思っていますが可能でしょうか?

日本に在留中の外国人が、日本国内で日本人と結婚する場合には、法務省入国管理局で夫婦ビザの申請を行う必要があります。しかし、ビザ申請には比較的長い時間がかかるため、ビザの期限が迫っている場合には、日本でプロセスを経ずに結婚するという選択肢も考えられます。



しかし、この場合には、難民認定申請をしている外国人や特別永住者以外の場合、入国管理局への届け出が必要です。外国人が日本国内で結婚する場合、外国人登録条例に基づき、結婚届出が必要となります。これは、外国人が日本国内で結婚する際に、自分が所定の要件を満たしていることを証明する手続きです。



結婚届出には、次の書類が必要となります。



・外国人のパスポート



・役所から発行される、在留カードまたは特別永住者証明書



・役所から発行される、戸籍謄本または抄本(日本人の場合)



・役所から発行される、住民票



また、これらの書類に加えて、外国人登録に関する書類も提出する必要があります。これにより、外国人が日本に在留していることが証明されます。



結婚届出は、結婚式当日に行うことができますが、結婚届出を提出する前に、婚姻届出書に記入する必要があります。婚姻届出書には、次の項目が含まれます。



・結婚式の日時、場所、形態(宗教的または民事的)



・新郎新婦の個人情報(氏名、生年月日、国籍、住所、職業)



・新郎新婦の親の個人情報(氏名、生年月日、国籍)



・婚姻関係の情報(前婚、離婚、別居)



・婚姻届出書に署名する新郎新婦の証明写真



これらの情報を提供し、婚姻届出書に署名することで、結婚届出を提出することができます。



結婚届出が提出された後、役場から受理証明書が発行されます。この受理証明書を持参して、入国管理局に申請に行き、ビザの申請を行うことができます。ただし、ビザの申請には、以下のものが必要となります。



・夫婦の婚姻届出書の受理証明書



・外国人のパスポートと在留カード



・日本人の住民票と印鑑証明書



・申請者が日本に在留している場合、現在の在留資格証明書



これらの書類を提出し、ビザ申請手数料を支払うことで、ビザの申請が可能です。



ビザ申請にかかる期間は、申請書の処理状況によって異なります。通常の場合、ビザ申請には2週間から1ヶ月程度の期間が必要ですが、短縮申請を行うことで、より早くビザの取得が可能です。



ただし、短縮申請には、以下の条件が必要となります。



・優先的な理由があること(例えば、渡航日程の急な変更がある場合)



・申請者に適格性があること



・申請者に不適格事由がないこと(例えば、違法就労や犯罪行為を行っていないこと)



これらの条件を満たす場合には、短縮申請を行うことができます。



短縮申請によるビザの取得を目指す場合には、ビザ申請時に、優先的な理由や、緊急かつ不可欠な理由がある旨を強調することが大切です。また、申請書の中で、ビザ申請の目的や、申請者の情報を正確に提供することも重要です。



以上のように、日本でプロセスを経ずに外国人が日本人と結婚する場合には、結婚届出を提出する必要があります。また、婚姻届出書、受理証明書、パスポート、在留カード、住民票などの書類を提供し、入国管理局でビザ申請を行う必要があります。ビザ申請には、2週間から1ヶ月程度の期間が必要ですが、短縮申請を行うことで、早期にビザの取得ができる場合もあります。

おすすめ法律相談

実の親が亡くなった後、養子縁組を考えている Cさんは今後のことを考えて、養子縁組を検討しています。Cさんには実の親が亡くなっており、現在は親戚の家に身を寄せて生活しています。このまま親戚の家にいるのは将来的に不安があるため、養子縁組を考えているのですが、具体的に何をすべきか分からない状況です。アドバイスをいただけますか?

まず、養子縁組についての基本的なことを説明します。養子縁組とは、一定の手続きを...

Iさんの場合 Iさんは印刷会社に勤める社員で、顧客の情報や印刷物のデータを扱っている。最近、社員の不注意によって顧客情報が外部流出し、重要契約が失敗する事態になってしまった。今後、情報漏洩を防止するために、具体的な対策を講じたいと思っている。

まず、Iさんの場合に考えられる法的問題は、個人情報保護法に基づく情報漏洩の責任...

Bさんは介護施設で働いている。上の上司から職務上の不適切な命令をされたため、コンプライアンス部門に内部告発したが、上司から報復を受け、職場での状況が悪化している。どう対応すべきか相談したい。

Bさんが受けた報復は違法です。労働者が内部告発を行った場合、報復を受けることは...

「年金受給開始前に死亡した場合、残された家族が受けられる年金はありますか?」

年金受給者が亡くなった場合、遺族に年金が支給されることがあります。しかし、年金...

Gさんは、夫が暴力を振るうようになり、離婚を考えています。夫が持つ財産について知りたいと思っていますが、暴力により弁護士を雇うお金もないため、どうしたらいいのでしょうか。

Gさんが夫から受けた暴力行為は、いわゆる家庭内暴力であり、刑法上は傷害罪や暴行...

Gさんは30代の男性で、知的障害を持っています。彼の両親は高齢で、彼をサポートすることができません。彼は成年後見人を必要としています。

Gさんが知的障害を持っている場合、その精神状態が常に安定するとは限らず、自分で...

Fさんは乳幼児を育てているが、飲酒運転の車に轢かれ、重傷を負ってしまいました。Fさんの夫が急逝したため、子どもを誰かに預ける必要がありますが、親族の中で預けられる人がいない場合、どうすれば良いでしょうか?

Fさんが乳幼児を育てているため、少なくとも一定期間子供の預かり先を確保する必要...

家庭内で使用する製品に含まれる化学物質によって、肌荒れやアレルギー症状が出ています。使用する製品を変えることで改善できるのでしょうか?

化学物質によって引き起こされる肌荒れやアレルギー症状は、多くの人が経験したこと...

Eさんは、知らずにウイルスに感染してしまい、私的な情報が流出してしまった状況です。Eさんが被害を受けた場合、被害者としての権利や救済措置はあるのでしょうか?

ウイルスに感染してしまい、私的な情報が流出してしまった場合、被害を受けた個人に...

育児休業明けに会社に復帰したが、人間関係が悪化して心身にストレスがたまっている

育児休業を取得した従業員が、復帰後に職場で人間関係が悪化して、心身にストレスが...