監督・規制法

監督・規制法

Aさんは、自分が経営する飲食店において新型コロナウイルスに対する対策を講じる上で、監督・規制法に関する具体的なルールや規則を知りたいと考えています。

飲食店を経営する Aさんは、新型コロナウイルスに対する対策を講じる上で、監督・...

Jさんは、自分が経営する不動産会社が取り扱う物件について、監督・規制法が適用される範囲を確認したいと考えています。

Jさんが経営する不動産会社が取り扱う物件には、建築物や用地などが含まれることが...

Bさんは、自分が運営するオンラインショップで販売している商品について、監督・規制法が適用されるかどうかを知りたいと考えています。

Bさんが運営するオンラインショップで販売する商品には、様々な監督・規制法が適用...

Cさんは、自分が所属するNPO団体の活動において、監督・規制法に基づく手続きなどについてアドバイスが欲しいと考えています。

Cさんが所属するNPO団体が、監督・規制法に基づく手続きに関するアドバイスを求...

Dさんは、自分が代表を務める会社が応募した公募制度への応募作業中に、監督・規制法の適用があるかどうかを確認したいと考えています。

まずはじめに、公募制度への応募作業中に監督・規制法の適用があるかどうかを確認す...

Eさんは、自分が扱う医薬品が監督・規制法に該当するかどうかを知りたいと考えています。

Eさんが扱う医薬品が監督・規制法に該当するかどうかを判断するには、薬事法に基づ...

Fさんは、自分が務める工場において、監督・規制法に関連する安全衛生上の問題に直面しており、アドバイスを求めています。

まず、工場における安全衛生上の問題に対しては、労働安全衛生法が適用されます。こ...

Gさんは、自分が役員を務める上場企業において、監督・規制法に違反する事実があった場合、その影響や対応策について知りたいと考えています。

自己の勤務する企業において、法令に違反する事実があった場合には、企業として責任...

Hさんは、自分が出版した書籍が監督・規制法に抵触する可能性があるかどうかを確認したいと考えています。

Hさんが出版した書籍が監督・規制法に抵触する可能性があるかどうか確認することは...

Iさんは、自分が開発したアプリが、個人情報保護法や監督・規制法に適合しているかどうかを知りたいと考えています。

個人情報保護法は、個人情報を適切に取り扱うことを規定する法律です。個人情報を収...

おすすめ法律相談

Gさん Gさんは、夫が浮気をし、離婚を考えるようになりました。しかし、夫は浮気を否定し、離婚に難色を示しています。 1. 離婚した場合、夫の浮気が訴訟で有利になることはありますか? 2. 離婚後、子供の養育費はどう決まりますか? 3. 離婚後、財産分配はどう行われますか?

1. 離婚した場合、夫の浮気が訴訟で有利になることはありますか?  離婚訴訟に...

Rさんは、日本人配偶者と共に日本に移住しました。外国人登録ができた後、彼は日本人配偶者と離婚したいと思います。彼はどのような手続きをする必要がありますか?

日本に住んでいる外国人配偶者の方が離婚を希望する場合、日本の法律に従って手続き...

Fさんは、銀行から融資をしてもらって不動産を購入しましたが、借金が返済できずに競売にかけられることになりました。しかし、競売で不動産が落札された際の処分方法がよく分からず、困っています。競売後に残った借金がどうなるか教えてほしいと相談してきました。

まず、競売にかけられた不動産が落札された場合、その不動産は新たな所有者に引き渡...

Aさん Aさんの父親が亡くなり、相続手続きを進める中で、Aさんの従兄弟から「相続放棄しないと遺留分減殺をする」と言われた。Aさんは相続放棄や遺留分について全く知識がなく、どうしたら良いか悩んでいます。

まず、相続放棄とは、相続人が自己の相続権を放棄することを言います。相続放棄をす...

Eさんは、投資用不動産を買い取り、自己で賃貸物件として運用することになりました。しかし、物件が古く、修繕費用がかかってしまったり、入居者が支払わない家賃が発生したりすることを懸念しています。投資用不動産を運用する上での注意点やトラブル発生時の解決策について、どのようなアドバイスがあるのでしょうか。

投資用不動産を運用する上での注意点 1. 契約書の確認 物件を購入する前に、...

建設工事中に自宅に被害が出た場合、責任を取ってもらえるのでしょうか?

建設工事中に自宅に被害が発生した場合、原則として建設業者はその責任を負うことに...

旅館の経営に伴い、地元神社との境界線に関する問題が起きている。

旅館経営において、地域の神社との境界線に関する問題が発生した場合、まずは現地の...

Bさんは、父親と別れて母親と暮らしていますが、母親は近年精神を病んでおり、家事や子育てに支障が出るようになりました。Bさんは、児童扶養手当や養育費を受け取れるのか、また母親の精神状態によっては受け取れなくなってしまうのではないかと悩んでいます。

Bさんは、母親と別居して暮らしているため、児童扶養手当を受けることができます。...

自社の研究成果が競合他社に盗まれた可能性がある

法律上、競合他社による自社の研究成果の盗用行為は知的財産権侵害にあたります。こ...

Dさんは、重機の運転手として働いています。ある日、機械の不調により車両が横転し、左腕を骨折しました。運転席に装備されていた安全帯が古くなっていたことが原因だと思われます。Dさんはどのように対策すべきでしょうか?

まず、Dさんに対しては、工場や現場における労働者の安全及び衛生の確保に関する法...