知的障害者・障害者問題

知的障害者・障害者問題

Aさんは知的障害があり、家族と共に暮らしている。彼は近所のスーパーマーケットで万引きをして、警察に捕まった。家族は彼が障害者であることを主張し、彼が犯罪を理解していないと言っている。しかし、警察と検察はAさんを起訴しようとしている。この場合、Aさんはどのように対処すべきか?

知的障害者であるAさんがスーパーマーケットで万引きをしてしまい、警察によって捕...

Jさんは知的障害があり、保護者によって手続きされた売買契約が取り消されたと知った。彼はその契約に署名していたが、自分が契約を理解していなかったと主張している。この場合、Jさんはどのように対処すべきか?

Jさんが知的障害を持っている場合、彼が売買契約に署名したかどうかは法的な観点か...

Bさんは知的障害があり、就労支援施設で働いている。しかし、彼女は上司から性的な暴力を受け、それを告発した。施設の管理者は問題を放置し、Bさんは職場に戻ることができなかった。Bさんはどのようにして自分自身を守ることができるのか?

まず、Bさんは性的暴力を受けたことを証言することが大切です。これは、警察署や地...

Cさんは知的障害があり、交通事故を起こした。彼は運転免許証を持っていなかったが、彼の家族が許可を出し、車を運転していた。彼は事故によって重傷を負わせ、被害者の家族は彼に対して民事訴訟を起こした。Cさんはどのようにしてこの問題を解決することができるのか?

知的障害者であるCさんが運転免許証を持っていないにもかかわらず、家族の許可を得...

Dさんは知的障害があり、不当な扱いを受けたと感じ、裁判を起こした。彼女は裁判中に証言することが困難であるということを示し、アドバイスを求めた。これに対して、弁護士はどのように対処するべきか?

知的障害を持つDさんが不当な扱いを受けたと感じ、裁判を起こした場合、彼女が裁判...

Eさんは知的障害を持っている高齢者で、施設で過ごしている。彼女は施設のスタッフから虐待を受けていると感じており、家族に相談した。しかし、施設側は問題がないと主張している。Eさんはどのようにして自分自身を守ることができるのか?

Eさんが施設のスタッフから虐待を受けていると感じている場合、彼女自身が自己防衛...

Fさんは知的障害があり、警察と接触することを避けたいと考えている。彼は何か問題があった場合、どのように対処すべきかを知りたいと思っている。この場合、彼はどのようにして自分自身を守ることができるか?

知的障害を持っている方が警察と接触することを避けたいと考えた場合、その方が自分...

Gさんは知的障害を持つ少年で、家族と共に暮らしている。彼は学校でいじめを受けており、学校側は問題が解決されないままになっている。Gさんはどのようにして自分自身を守ることができるのか?

Gさんが学校でいじめを受けてしまった場合、彼自身が適切な対処をすることができる...

Hさんは知的障害があり、遺言を作成することができるのかどうか知りたいと思っている。彼は資産を持っており、彼には弟がいる。この場合、彼はどのようにして遺言を作成することができるか?

知的障害を持っている人が遺言を作成することができるかどうかは、その人の具体的な...

Iさんは知的障害を持つ若者で、自分自身がコンピューターを使用することができるかどうか知りたいと思っている。彼はインターネット上でいじめを受けた経験があり、それ以来コンピューターを使用することを避けている。Iさんはどのようにして安全にコンピューターを使用することができるか?

Iさんは知的障害を持つ人であり、インターネット上でいじめを受けた過去があるため...

おすすめ法律相談

配当金の課税について教えてください。

配当金には、法人税や所得税の課税があります。配当金は、投資家が株式を保有してい...

内見をしていないのに契約書にサインしてしまった

内見をしていないまま契約書にサインしてしまった場合、消費者として何らかのトラブ...

別の企業が自社製品の商標を侵害していると思ったが、どこで訴えたらよいか分からない。

商標侵害に関する訴訟を起こす場合、地位に応じた検討が必要です。以下に、訴訟を起...

Jさんは、小売業界で店長を務めています。勤務時間は9:00〜18:00で、週休2日制ですが、実際には残業が発生し、有給休暇も取得できない状況です。また、給与については、大手企業と比べて低いため、改善を求めています。こうした状況で、労働条件の改善を求めるためのアドバイスを求めています。

Jさんが勤める小売業界での労働条件について、法律的なアドバイスをお伝えします。...

結婚前に相手から隠していた借金が発覚し、離婚を考えている。

借金が結婚前に存在していたことで、配偶者としてその借金を返済する法的責任はあり...

Gさんは、ショッピングモール内の店舗で自分の所有品が買取ってもらえなかったことに対し、当初の見積もりとは大きく異なる買取価格を出されたことに不満を抱えています。「消費者トラブル・クレーム対応」についての相談です。

「消費者トラブル・クレーム対応」については、主に消費者保護法に基づいて行われま...

Hさんは、IT企業の正社員として勤務しているが、昨年の残業代について、遅れて支払われた上、支払われた額が少ないことに気づいた。会社に問い合わせても、回答がなく、支払われた残業代の実態がはっきりしないため、法的手段を求めたい。

まず、Hさんは正社員として働いているため、労働基準法に基づいて労働条件が定めら...

贈与税の申告が必要か知りたい Bさんは、父親が贈与した現金の額が大きく、贈与税の申告が必要かどうか知りたいと相談してきました。父親はまだ存命であり、Bさんに将来的に相続する予定の財産を事前に贈与したものです。

まずは贈与税について簡単に説明します。贈与税とは、一定額を超える贈与をした場合...

不倫をしていた夫が、相手の女性との子どもができたと言って離婚を求めてきました。もともと仲が悪く、離婚は視野に入れていましたが、子どもができた場合はどうなるのでしょうか?

不倫をしていた夫が相手女性との子どもができた場合における、離婚に関する法的な観...

女性、30歳、主婦 私が住むアパートで、大家さんからセクハラを受けました。朝食を届けに来た私の玄関で、体を触られました。また、帰り道にも後をつけられ、こんなにいい女性なら自分だけのものにしたいと告白されました。怖い思いをしています。対処法を教えてください。

まず、このようなセクハラ行為に対しては、法的に厳格な処罰が定められています。女...