遺産分割協議

遺産分割協議

Aさん Aさんは、父親が亡くなった後、遺産分割協議を行うことになった。父親には複数の不動産を所有しており、相続することになった兄弟姉妹たちは、どのように不動産を分割すればよいか相談している。 1. 遺産分割協議において、不動産の評価はどのように行われるか。 2. 相続した不動産を共有する場合、どのような問題が生じる可能性があるか。 3. 遺産分割協議の際、兄弟姉妹間での不和が生じた場合、どのように解決するのが良いか。

1. 不動産の評価について 遺産分割協議において、不動産の評価は不動産鑑定士...

Bさん Bさんは、亡くなった母親から相続した不動産を、兄弟姉妹たちと共有することになった。しかし、兄弟姉妹たちは、その不動産を売却して現金化することを望んでいるが、Bさんはその不動産を所有し続けたいと考えている。 4. 相続した不動産を相続人全員が共有したくない場合、どのようにすればよいか。 5. 共有することになった不動産を売却する場合、売却益の分配方法はどのように決めるか。 6. 不動産を共有する場合、その管理方法について決める必要があるが、具体的にどのような方法が考えられるか。

相続した不動産を相続人全員が共有したくない場合、解決する方法としては、以下の3...

Cさん Cさんは、亡くなった祖父母から相続した財産を、親戚と分割することになった。しかし、相続人によっては、財産の評価額に不満を持っているため、遺産分割協議が難航している。 7. 相続した財産の評価について不満がある場合、どのような手続きをすればよいか。 8. 遺産分割協議において、相続人が合意に達しない場合、どのような手続きが取られるか。 9. 遺産分割協議において、不当な不動産評価が行われた場合、どのような救済措置があるか。

7. 相続した財産の評価について不満がある場合、どのような手続きをすればよいか...

Dさん Dさんは、遺産分割協議の中で、兄弟姉妹たちから遺留分を求めるように要求された。しかし、成年後見人により管理されているDさんは、自分で遺留分請求をすることができず、困惑している。 10. 成年後見人による遺留分請求について、どのような手続きが必要か。 11. 成年後見人によって管理されている場合、遺留分請求以外に注意すべき点は何か。 12. 成年後見人による遺留分請求においてどのような問題が生じる場合があるか。

10. 成年後見人による遺留分請求について、どのような手続きが必要か。 成年...

Aさんは、父親が亡くなり、遺産分割協議を行うことになったが、兄弟姉妹たちとの意見のすれ違いが生じ、困っている状況です。Aさんは、父親の跡を継ぐために、父親と共に経営していた会社の株式を相続したいと考えています。しかし、兄弟姉妹たちは会社の株式を売却することを主張し、意見の食い違いが生じています。

Aさんが遺産分割協議において父親と共に経営していた会社の株式を相続するために、...

Jさんは、母が亡くなり、遺産分割協議を行うことになったが、母との間に複雑な人間関係があり、相続財産をめぐって家族たちとの意見のすれ違いが生じています。Jさんは、母親に対して複雑な感情を持っているため、相続財産をめぐる問題で自分に甘えてしまうことがあると悩んでいます。

相続財産については、民法によって取り決められています。相続財産とは、亡くなった...

Bさんは、祖母が亡くなり、遺産分割協議を行うことになったが、叔父が相続した土地に、Bさんが子育て中の家が建っていることが分かり、大きな問題が生じています。Bさんは、祖母が生前に「この土地はBさんに譲る」と口述遺言を残していたことを主張していますが、叔父はそれに反発し、土地を持ち分に加えることを求めています。

Bさんと叔父は、祖母の遺産分割協議での土地の扱いを巡って対立しています。Bさん...

Cさんは、兄が亡くなり、遺産分割協議を行うことになったが、兄の遺志に従い、莫大な財産をすべて慈善団体に寄付することを主張し、家族たちと対立しています。Cさんは、兄が認知症を患っており、自分たち家族を見分けられなくなっていたため、自分たちに遺産を残すことが兄の意志ではないと主張しています。

まず初めに述べておきたいことは、親族や家族の分配に関する問題について法的な規定...

Dさんは、祖父が亡くなり、遺産分割協議を行うことになったが、父親が事業に失敗し多額の借金を抱えているため、相続財産が充分に残るか不安になっています。Dさんは、相続財産を放棄することを考えていますが、他の兄弟姉妹たちは反対しており、どのように判断すべきか迷っています。

まず、相続放棄とは、相続人が、自らが相続人であることを否定し、相続財産を受け取...

Eさんは、母親が亡くなり、遺産分割協議を行うことになったが、先天性の障害を持って生まれたEさんが、特別養護老人ホームで暮らす必要があるため、相続財産を兄弟姉妹たちに譲ることを望んでいます。しかし、他の家族たちは、Eさんが健康であれば相続財産を分け与えるべきだと主張しており、意見の食い違いが生じています。

遺産分割協議において、Eさんが相続財産を兄弟姉妹たちに譲ることを希望しているこ...

Fさんは、夫が亡くなり、遺産分割協議を行うことになったが、夫が事業家であったため、法的に複雑な問題が生じています。Fさんは、夫が残した多額の借金を相続することになってしまい、家の財産を全て売却しても返済しきれない可能性があるため、どう対処すべきか悩んでいます。

Fさんが直面している問題は、夫の事業に関連した多額の借金を相続することになるこ...

Gさんは、祖母が亡くなり、遺産分割協議を行うことになったが、祖母が別居していた兄の存在が明らかになり、相続分が増えることになってしまいました。しかし、兄は生活保護受給者であり、相続財産を持つことが認められないため、どう対処すべきか迷っています。

まず最初に、相続分について確認しておきましょう。 民法では、相続分という概念...

Hさんは、遠い親戚から遺産を相続することになり、遺産分割協議を行うことになったが、相続財産が莫大であり、相続税の問題が生じています。相続税を支払うためには、一度に多額の現金が必要となるため、金融機関からの融資を検討する必要があります。

Hさんが遠い親戚から相続する遺産が莫大であり、相続税の問題が生じた場合、相続税...

Iさんは、父が亡くなり、遺産分割協議を行うことになったが、父が生前に作成した遺言書が現れず、どのように相続財産を分けるべきかわからなくなっています。Iさんたちは、父の遺志を尊重したいと考えているが、遺言書がないため、どうすればよいのかわからない状況です。

まず、相続財産については民法第887条により、相続開始時点で死者が所有していた...

Aさんからの法律相談 Aさんは、故人の父親から大きな土地を相続したが、兄弟姉妹との関係が悪化してしまった。父親が亡くなる前に、兄弟姉妹との土地の分割協議ができなかったため、現在は共有名義のままだ。Aさんは、一刻も早く相続税を支払って、土地をすべて自分名義にしたいと考えているが、どうすればよいのかわからないと相談してきた。

まず、相続税とは、相続人が相続財産を受け取った際に、その価値に基づいて支払われ...

Jさんからの法律相談 Jさんは、相続財産の分割協議を進めているが、分割協議の進め方や更正の方法について不安を抱えている。また、借金問題や不動産の処分方法についても法的なアドバイスを求めている。

まず、相続財産の分割協議においては、遺産分割協議書を作成することが一般的です。...

Bさんからの法律相談 Bさんは、夫と共に遺産分割協議を進めている。しかし、夫の妹が既婚者であり、夫妻との間に子どももいるため、分割協議が進まなくなっている。妹の夫婦は、夫の妹が相続する遺産分割協議には同意しているが、自分たちの子どもも遺産分割協議に参加させ、相続分を確保したいと主張しているため、話がまとまらないと悩んでいる。

Bさんからの相談に対して、遺産分割協議に関する基本的な法律知識や対策を紹介して...

Cさんからの法律相談 Cさんは、祖父から不動産を相続しており、祖父の意向である伯父に一部を譲渡することになっていた。伯父は、相続した不動産を売却し、現金化したいと提案してきたため、Cさんは、売却した場合にどのような税金がかかるのか、譲渡または売却の方法は何があるのか法的に教えてほしいと相談してきた。

相続した不動産を売却する場合、法的には「譲渡所得」として所得税が課されることに...

Dさんからの法律相談 Dさんは、共同名義となっている祖父から相続した金融資産を持っており、遺産分割協議によってそのままにしていた。しかしこの度、Dさんが海外に留学することになり、自分名義に変更することが急がれている。Dさんは、相続税や手数料などについて知りたいと相談してきた。

Dさんが相続した金融資産は、祖父の遺産としてDさんが共同名義者として名義を有し...

Eさんからの法律相談 Eさんは、父親が亡くなり、遺産分割協議がすぐにできなかったため、共同名義で相続した土地や建物の管理が大変と思い、相続財産の一部を委託業者に管理してもらうことになった。しかし、委託業者から高額な請求書が送られてきたり、不動産の処分方法について相談を受けたりと、契約内容に明記されていなかった不安要素が起こってしまったことで、解決策を求めていると相談してきた。

相続財産の管理について 相続財産を管理する際には、相続人が相続財産の共有者と...

Fさんからの法律相談 Fさんの夫が亡くなり、遺産分割協議をすることになったが、夫の父親が前妻との間に子どもがいたことが発覚した。前妻との間に生まれた子どもには、父親の相続財産から、婚姻関係にある子どもたちよりも優先される立場があるため、分割協議において、どのように対処すればよいのかわからず、相談してきた。

法律上では、前妻との間に生まれた子どもは、法定相続人として存在し、父親の相続財...

Gさんからの法律相談 Gさんは、父親から相続した不動産を、自分名義に変更するため、遺産分割協議を進めていた。ところが、相続財産の中に父親が事業をしていた会社の株式も含まれており、株式の管理権がどこにあるのかわからなくなってしまったため、株式の扱いについて法律相談を依頼してきた。

まず、相続財産に含まれる株式の管理権がどこにあるのかを明らかにする必要がありま...

Hさんからの法律相談 Hさんは、近親者が複数おり、相続財産を遺産分割協議によって分けることができない場合、遺言書を作成して、相続財産を分ける方法について知りたいと相談してきた。また、遺言書を作成する前に準備するべきことについてもアドバイスを求めている。

相続財産の分割方法について 遺言書を作成することによって、相続財産を希望どお...

Iさんからの法律相談 Iさんは、遺産分割協議で口座や不動産など財産を分けることができるが、相続人間の業務や支払いの手順など、分割協議後に必要となる手続きについて知りたいと相談してきた。

相続において遺産分割協議が完了した後には、相続人間の間でさまざまな手続きが必要...

おすすめ法律相談

Eさんは、教育サービスの起業を立ち上げるために、会社を設立しようとしています。彼は、法人化に必要な手続きや、将来的に税金や法令遵守のためにすることについてアドバイスを求めています。

教育サービスの起業を行うために会社を設立する場合、法人化に必要な手続きは以下の...

Jさん Jさんは、失業してしまい、生活費を稼ぐためにクレジットカードのキャッシングをしていたことが原因で、多額の借金を抱えています。今後の生活を考えると、どう対処すべきか悩んでいます。

Jさんが抱えている借金は、消費者金融からの借入やクレジットカードのキャッシング...

Aさんは、自分が開発した商品が類似商品として無断で販売されていると知り、不当競争行為が行われていると考えています。現在、類似商品を販売している業者に対する法的手続きや対応方法を相談したいと思っています。

まず、Aさんが抱える問題は、不正競争防止法による不当競争行為の問題であり、法律...

Cさんは知的障害があり、交通事故を起こした。彼は運転免許証を持っていなかったが、彼の家族が許可を出し、車を運転していた。彼は事故によって重傷を負わせ、被害者の家族は彼に対して民事訴訟を起こした。Cさんはどのようにしてこの問題を解決することができるのか?

知的障害者であるCさんが運転免許証を持っていないにもかかわらず、家族の許可を得...

不正に児童扶養手当を申請されたことがあるが、事件を知り、通報した。

児童扶養手当は、児童や養育者の生活費や教育費を支援する国の制度です。児童扶養手...

Gさんは、北海道の観光業者である。最近、新型コロナウイルスの影響で観光客が減少しており、補助金等の支援策を利用して経営を維持するための手続きに不明点があるため、相談したいと思っている。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、観光業者をはじめとした多くの企業が業績悪化...

Aさんは、著名な料理研究家であり、複数の著作物を出版しています。最近、彼女は自身が発明した調理器具に特許を取りたいと考えており、法律相談をすることにしました。

Aさんが自身が発明した調理器具に特許を取得するにあたって、まずはその発明が特許...

Iさんは、遺言の無効を主張されたため、相談したいという。自分が相続する予定だった資産が、遺言により他の相続人に相続されることになり、無効を主張された。遺言が無効になる要件や手続きについて相談する必要がある。

まず、遺言の無効を主張できる場合としては、以下のようなものが挙げられます。 ...

Gさんは、相続放棄をする場合、それまでの相続人に対する義務があるかどうかを知りたいと思っています。

相続に関する法律について説明する前に、まず相続放棄とは何かについて説明します。...

フランチャイズ契約期間中、本部から何らかの違反が発覚し、契約解除を希望しているが、契約書に違反が明記されていない場合、解除ができるか相談したい。

フランチャイズ契約において、本部からの違反行為が発覚し、契約解除が希望される場...