不動産の売買契約・トラブル

不動産の売買契約・トラブル

夫婦で購入した中古マンションを売却したいが、夫が急に反対するようになった。どうすればいいか相談したい。

夫婦で購入した中古マンションを売却したいが、夫が急に反対するようになった場合は...

不動産会社に依頼した査定額よりも明らかに低い価格で物件を取引された場合、どのように対処したら良いのか知りたい。また、そのようなケースを防ぐためにはどうすればよいのかアドバイスを求めたい。

不動産会社に依頼した査定額よりも低い価格で物件を取引された場合、まずは不動産会...

売買契約書に署名し、手付金も支払ったが、物件の瑕疵が発覚した。契約を解除して返金してもらうにはどうすればいいか、アドバイスを求めたい。

まず、物件の瑕疵とは、物件に欠陥があることを指します。たとえば、建物の構造的な...

不動産会社が紹介した物件を購入したが、利回りや家賃収入が予想よりも低かった。契約書に書かれていた情報との不一致について、返金を請求することは可能か相談したい。

この場合、不動産会社が紹介した物件を購入した後、利回りや家賃収入が予想よりも低...

建物を売買する予定だが、内覧者が弁護士や登記関係の専門家ともみられる人物が多く、相手が複雑なトラブルを起こしかねないと懸念している。リスクがある場合の対処方法をアドバイスしてほしい。

建物の売買において、内覧者が弁護士や登記関係の専門家であることは珍しくありませ...

売買契約書の条件通りに物件を引き渡したが、買主がその後何度もクレームをつけてきて、金銭的な追加請求をしてくる。そもそも契約条件が曖昧だったのか、対応方法を相談したい。

このような場合、売主側はどのように対応すればよいのかについて、以下のように解説...

所有していた不動産を養子に譲渡したが、数年後に養子との関係が悪化し、不動産を返還するように要求された。どのように対処すればよいか相談したい。

法的な解決方法にはいくつかの選択肢があります。まずは、養子によって要求された不...

自宅を購入するにあたり、契約書には「完成保証書付き」とあったが、実際に入居してみると、防音性が悪かったために毎日の生活に支障をきたしている。保証書なしで購入した場合との違いや、対処方法を相談したい。

契約書に「完成保証書付き」がある場合、建設業者は完成保証書に従って建物を完成さ...

実家の土地を売却する予定だが、実家の兄弟や姉妹が相続権を主張してきたり、親族関係が複雑で売却が難しいと感じている。遺産相続についてのアドバイスや、このような売却に関するトラブルが起きた場合の対処について相談したい。

相続について まず、相続について説明します。日本では、民法に基づいて相続が定...

調査などを行い、物件を購入するつもりでいたが、購入前に別の購入者が先に買い付けたために購入を断念せざるを得なくなった。このような場合も不動産会社に手数料を支払う必要があるのか、アドバイスを求めたい。

本問について、不動産会社に手数料を支払う必要があるかどうかについて述べる。 ...

不動産の売買契約をした相手が納付期限を過ぎても契約金を支払わない場合、どうすれば良いか知りたい。

不動産の売買契約において、契約金は重要な役割を果たします。契約金を支払うことで...

住宅地内にある公園について、所有権・使用権者が不明確で、住民の間でトラブルになっている。解決方法について相談したい。

住宅地内にある公園について、所有権・使用権者が不明確で、住民の間でトラブルにな...

自宅の敷地内にある自動車販売店が、計画のない拡張工事を行い、駐車場の一部を占拠された。所有権の問題や対処方法が知りたい。

まず、自動車販売店が自宅の敷地内にあることについては、付帯施設物件の設置等に関...

自身が新築したマンションの一室を仲介業者を通じて賃貸したが、入居者から家賃を滞納された。どうすれば家賃を回収できるか相談したい。

入居者からの家賃滞納は、不動産オーナーにとっては大きな問題となります。家賃に対...

不動産会社が仲介した物件について、建物内にある一部屋が定期借家人によって賃貸されており、その定期借家契約が満了しない限り買主がその部屋を使えなくなってしまう。この場合の対処方法を知りたい。

不動産会社から物件を仲介された場合、建物内に定期借家人がいるということは、その...

売却する不動産について、買主が支払う予定だった契約金の一部が不足していることが判明した場合、どうすれば良いか相談したい。

売却する不動産について、買主が支払う予定だった契約金の一部が不足していることが...

居住中のマンションを売却したいが、ベランダに設置しているエアコン・物干し竿などをどう取り扱うべきか、また敷金の返還についても相談したい。

居住中のマンションを売却する場合、その取り扱いにはいくつかの注意点があります。...

売主として売買契約を結び、物件を引き渡しが完了した後、買主が所定の期間内に返済を済ませなかった。物件を回収するにはどうすれば良いか知りたい。

まず、買主は契約書に従って所定の期間内に返済を完了する義務があります。もし買主...

売買予定の不動産についての問題点が発覚したため、契約を破棄することになったが、既に支払った手付金の返還方法や買い手からの損害賠償請求などについて相談したい。

不動産の売買には、契約締結後に戻すことができる取引解約の制度があります。手付金...

地主として不動産会社と賃貸契約を結んでいたが、不動産会社から賃貸借契約を過日解除されたため、相手方の不法行為に対する賠償請求などについて相談したい。

まず、不動産会社から賃貸借契約が解除された背景について説明する必要があります。...

Aさんは、新築マンションを購入したが、入居までに予定されていた日程が大幅に遅れた上、入居後に給湯器の故障が発生した。Aさんは、不動産業者に対して損害賠償請求をしようと思っているが、トラブルがどのように起こり得たのか不明である。

Aさんが新築マンションを購入し、入居までに予定されていた日程が大幅に遅れた上、...

Jさんは、不動産業者から購入した中古住宅で、契約書上に定められた設備が実際に備わっていないことが分かった。Jさんは、不動産業者に対して追加費用を請求しようと思っているが、不動産業者からは拒否されている。Jさんは、トラブル解決のために法的手段を検討している。

Jさんが購入した中古住宅に記載されていた設備が実際に備わっていないという事実が...

Bさんは、中古マンションを購入したが、実際に住んでみると想像以上に騒音が酷いことが分かった。Bさんは、不動産業者に事前に騒音の有無について確認していたが、業者からは全く知らせがなかった。Bさんは、トラブル解決のために法的手段を検討している。

Bさんが中古マンションを購入し、実際に住んでみると騒音が酷いことが分かった場合...

Cさんは、中古住宅を購入したが、契約時に記載された瑕疵担保責任期間内に屋根から雨漏りが発生した。Cさんは、不動産業者に修繕を依頼しているが、不動産業者は修繕に至るまでの期間が長引いた上、修繕によって発生した追加費用を請求された。Cさんは、トラブル解決のために法的手段を検討している。

まず、「瑕疵担保」とは、売買物に本来備わっている性能や品質に問題がある場合、補...

Dさんは、不動産業者から購入した中古住宅の床下が湿気がひどく、カビが生えていることが分かった。Dさんは、調査を依頼したところ、床下に配管が敷設されている際に施工不良が行われたことが原因であることが判明した。Dさんは、不動産業者に対して修繕費用の請求をしようと思っているが、不動産業者は応じていない。

まず、本件において、Dさんは不動産業者から購入した中古住宅の床下について、湿気...

Eさんは、不動産業者から購入した中古戸建て住宅で、隣家との境界が不明瞭であることが判明した。Eさんは、越境防止のためにフェンスを設置しようとしたが、隣家から反対され、トラブルになっている。Eさんは、法的手段を検討している。

本問について、以下に法律的な回答を提示する。 I. 隣地境界に関する法律的枠...

Fさんは、新築マンションを購入したが、引き渡し時に共用部分の清掃が十分に行われていなかった。Fさんは、不動産業者に対してクレームを入れたが、不動産業者からは返答がない。Fさんは、トラブル解決のために法的手段を検討している。

Fさんが購入した新築マンションの引き渡し時に共用部分の清掃が十分に行われていな...

Gさんは、住宅ローンを組んで新築住宅を購入したが、引っ越してみると、建物の欠陥が多数見つかった。Gさんは、不動産業者に対して損害賠償請求をしようと思っているが、ローン返済のためにあまりお金がなく、法的手段をどう取るか悩んでいる。

まず、Gさんの場合、建物の欠陥が多数見つかっているということから、建物の売買契...

Hさんは、新築住宅を購入したが、引き取り時に鍵がなかったために入居できなかった。Hさんは、不動産業者に鍵を紛失したことを確認し、再度鍵作成を依頼したが、その期間に他に住む場所がなく、出費が膨らんだ。Hさんは、トラブル解決のために法的手段を検討している。

Hさんが新築住宅を購入したが、引き渡し時に鍵がなかったために入居できなかった場...

Iさんは、不動産業者から購入した中古住宅で、トイレの流れが悪く、使用に耐えない状態であることが分かった。Iさんは、不動産業者に修繕を依頼したが、不動産業者は修繕を拒否したため、トラブルになっている。Iさんは、法的手段を検討している。

本件において、Iさんは不動産業者から中古住宅を購入した際、トイレの流れが悪く、...

売主が仲介業者を通さずに直接買い手と契約を交わした場合、何か問題があるのでしょうか?

売主が仲介業者を通さずに直接買い手と契約を交わす場合、法律的に問題が発生する可...

契約に関する書類の内容が理解できず、署名をすることに不安がある場合、どのように対処すれば良いのでしょうか?

契約に関する書類を理解し、署名することは重要です。しかし、書類の内容が理解でき...

購入した物件の建物に隣地所有者から苦情がきた場合、どのように対応すれば良いのでしょうか?

【法律的回答】 不動産の所有者が内外に損害を与えた場合、隣接する不動産所有者...

契約前に物件の不具合が発覚した場合、どのように対処すれば良いのでしょうか?

不動産の売買や賃貸において、契約前に物件の不具合が発覚した場合、どのように対処...

売却する物件について、実際の面積と異なることが発覚した場合、どのように対処すれば良いのでしょうか?

この質問に対する答えは、契約内容により多少異なりますが、一般的には不動産取引に...

契約後に近隣住民から騒音などのクレームがきた場合、どのように対処すれば良いのでしょうか?

契約後に近隣住民から騒音などのクレームがきた場合、不動産業者やオーナーは迅速に...

売買契約書に記載されていた内容と異なることが発覚した場合、どのように対処すれば良いのでしょうか?

まず、売買契約書に記載されていた内容と異なることが発覚した場合、どのような原因...

不動産屋による物件の説明が不十分で、契約後に問題が発覚した場合、どのように対処すれば良いのでしょうか?

不動産屋による物件の説明が不十分で、契約後に問題が発覚した場合、消費者側が適切...

売主が物件を隠していたことが発覚した場合、どのように対処すれば良いのでしょうか?

売主が物件を隠していたことが発覚した場合、対処方法は複数あります。まず、売主と...

購入予定の物件に土地の持ち分がある場合、どのように対処すれば良いのでしょうか?

購入する不動産物件に土地の持ち分がある場合、その土地の所有者との折衝が必要とな...

築30年以上の自宅マンションを売却しようとしていますが、管理組合から売却に反対されました。管理組合の反対によって、売却が不可能になる場合があるのでしょうか?

こうした「マンション売却について管理組合の反対」のような問題は、実際には様々な...

売買契約が成立した後、取引条件に改定の必要性が生じました。契約内容を変更するには、どのような手続きが必要なのでしょうか?

売買契約が締結されてから、取引条件に変更が必要になることがあります。この場合、...

売買契約完了後、物件の瑕疵が発覚しました。売主は瑕疵担保責任を果たす義務があるのでしょうか?

売買契約が完了した後、物件に瑕疵(欠陥・不具合)が発覚した場合、売主は一般的に...

売主からの虚偽の表示により、購入したマンションには予想外の修繕費用が必要でした。この場合、売主に損害賠償請求できるのでしょうか?

はじめに 不動産購入における契約は、購入者が居住する場所や地域社会など重要な...

売主とは異なる不動産会社と契約した仲介業者から、物件の瑕疵について事前に知らされていなかったことが発覚しました。仲介業者に対し損害賠償請求することはできるのでしょうか?

不動産の仲介契約において、以下のような事柄が契約書などに明記されることが一般的...

公示価格よりも高額な価格で物件を購入してしまいました。この場合、購入価格を下げることはできるのでしょうか?

公示価格は、国税庁によって算出される地価公示価格や、国土交通省によって公表され...

売却予定の立ち退き団地が、自治体によって耐震性の確認を受け、解体対象となりました。売却価格に影響が出ないようにするにはどうしたらよいでしょうか?

まず、立ち退き団地が解体対象となった場合でも、売却価格に影響が出るかどうかには...

手付金の返金について問題が発生しました。売主が手付金を返済しない場合、どのような対応をすればよいのでしょうか?

手付金とは、不動産の売買契約が成立する前に、買主が売主に対して支払う金銭のこと...

売却予定のマンションについて、非公式な裏口取引の相手が現れました。このような相手と取引をすることは違法でしょうか?

売却予定のマンションについて、非公式な裏口取引の相手が現れた場合、その取引が違...

売買契約時に、物件に係る情報を不正確に記載されたことが原因で、トラブルが発生しました。このような場合において、法的手続によって解決することができるのでしょうか?

売買契約において、物件に関する情報が正確に記載されていなかった場合には、売主に...

おすすめ法律相談

働いていた会社が倒産してしまい、労働条件や未払い給与の取り戻しを求めたいと思います。どのように行動すればよいのでしょうか?

まずは倒産した会社に対して、未払い給与や労働条件の改善を求める手続きを取る必要...

就業先で降格され、業務内容も大幅に変更されました。労働条件としては、給与が現状と同じで変わらないとのことです。降格や業務変更に対して、異議を申し立てることはできるのでしょうか?

まず、労働条件の変更については、労働基準法によって定められた制限があります。労...

Jさんは、ある中小企業に勤務している。最近、経理上の不正行為を怪しんだため、コンプライアンス部門に内部告発したが、上司から報復を受け、仕事に支障をきたす状態になっている。どう対処すべきか相談したい。

Jさんが内部告発をした内部告発行為自体は、企業内において善意の行為として歓迎さ...

遺留分の請求ができる期間について知りたい Iさんは、亡くなった祖母の遺産相続について問題が起きており、遺留分の請求を考えている。しかし、遺留分の請求ができる期間について知らないため、相続手続きを急いで進めたいと思っている。

遺留分とは、相続人が相続分を相続した場合でも、故人が残した財産の一部を相続人に...

自身が出資した企業について、株主としての権利関係について知りたい。

株式会社は、株主が出資することで設立され、株式を発行することで資本調達を行いま...

Cさんは、離婚が成立してからも、元配偶者とのトラブルが続いています。相手からの嫌がらせや子どもを巻き込んだ問題が続いており、精神的に追い詰められています。解決方法について相談したいと考えています。

Cさんが、離婚が成立してからも元配偶者とのトラブルが続いているということは、両...

Jさんは知的障害があり、保護者によって手続きされた売買契約が取り消されたと知った。彼はその契約に署名していたが、自分が契約を理解していなかったと主張している。この場合、Jさんはどのように対処すべきか?

Jさんが知的障害を持っている場合、彼が売買契約に署名したかどうかは法的な観点か...

遺言書がある場合には遺留分減殺されるのか知りたい

遺留分減殺とは、相続人が遺留分を取得する権利を有する場合において、遺言者が遺留...

自分が開発したソフトウェアの著作権侵害事件で、訴えられた被告が主張する自分たちが開発したという主張の正当性を確認するために、被告が所持する証拠物件の入手方法について相談したい。

まず、著作権侵害事件では、原則として著作物の複製、公衆送信、頒布等の権利行使に...

Iさんは、女性の同僚であるJさんに対して性的ハラスメントを行ってしまった。Iさんは、Jさんのデスクに性的な画像を貼り付け、セクハラ的な発言を繰り返し行った。Jさんは、このような言動に対して動揺しており、先輩であるIさんに対して不信感を抱いていた。Iさんは、自分が行った行為に悔いを持っており、Jさんに謝罪したいと考えている。どのようにアプローチするのが適切かを知りたいと思っている。

日本では、労働者に対するセクシャルハラスメントは法律で禁止されています。法律で...