契約書の作成・解除

契約書の作成・解除

Aさんは、友人との起業に際して、契約書を作成したいと思っています。しかし、彼女たちはビジネスの実務経験が乏しく、どのような内容を盛り込めば良いのか分からないと悩んでいます。

友人との起業を考えている場合、契約書を作成することは非常に重要です。契約書には...

Jさんは、民法などに基づいて、相続に伴う遺産分割契約書を作成しなければならず、どのように進めたらよいのか分からないと相談してきました。

まず、相続に伴う遺産分割契約書とは、相続人同士が相続財産を分割することを合意し...

-

申し訳ありませんが、この質問は具体的な内容が記載されていないため、適切な回答を...

Bさんは、先月まで勤めていた会社から解雇されました。解雇について異議を唱えたいが、契約書に関する知識が乏しく、どのような手続きをすれば良いか分からないと相談してきました。

まず、Bさんが解雇に対して異議を唱える場合、契約書に記載された解雇条項に基づく...

Cさんは、個人事業主として活動しているため、取引先との契約書義務が多いです。しかし、過去に契約書を作成した時において、迷惑な相手に遭遇してしまった経験から、今後、どのようにすればトラブルを回避できるかについて相談してきました。

個人事業主として活動する場合、取引先との契約書を交わすことは非常に重要です。契...

Dさんは、離婚を考えており、婚姻前契約書や離婚協議書の作成が必要になると思っています。しかし、配偶者との話し合いが不調に終わり、解決策が見つからないため、助言を求めてきました。

Dさんが離婚を考える場合、婚姻前契約書や離婚協議書を作成することが必要になる場...

Eさんは、会社を新規開業するにあたり、スタッフの雇用契約書作成を検討しています。しかし、雇用条件の設定に苦戦しており、どのような仕組みを導入したらいいのかアドバイスが欲しいと相談してきました。

会社を新規開業するにあたり、スタッフの雇用契約書を作成することは非常に重要です...

Fさんは、不動産の売買契約書を作成することになりました。しかし、契約条件があやふやであり、どのようなポイントに注意すればよいかを知りたいと相談してきました。

不動産の売買契約書を作成する際には、注意すべき点があります。契約条件が曖昧だと...

Gさんは、昨年、バイクを買った際にローン契約を結んだが、金利が高いと感じています。契約を解除して他社への乗り換えを検討しているが、契約解除には手続きが必要かつ影響があるということで、アドバイスを求めてきました。

Gさんがバイクを買った際にローン契約を結んだ場合、借りた金額に対して利息を支払...

Hさんは、弁護士免許取得後、独立開業を決意し、クライアントとの契約書作成について相談してきました。過去にクライアントとのトラブルがあったため、今回はしっかり把握しておかなければならないポイントがあるのか聞いてきました。

弁護士免許取得後に独立開業を決意したHさんが、クライアントとの契約書作成につい...

Iさんは、家族信託の設立を検討中です。信託契約書はどのように作成され、どのような内容が含まれているのかを知りたいと相談してきました。

信託とは、財産を信託財産として信託契約に基づき信託に移転し、信託の目的に従って...

自己都合で早期退職するために契約書を解除したい

自己都合で早期退職するために、労働契約の解除を希望する場合には、一定の手続きが...

借金返済を条件に契約書を交わしたが、返済が滞り、解除を考えている。

契約書に借金返済を条件にしていた場合、返済が滞った場合には、解除を考えることが...

契約書上の瑕疵が発覚し、解除を考えている

法律上の契約とは、当事者間で合意した内容に基づく法的な約束を意味します。契約書...

雇用契約書の内容に不満があり、改善を求めている

雇用契約書は、雇用者と従業員の雇用関係を定める重要な書面です。この契約書がしっ...

賃貸契約書の更新に伴って、借り手・貸し手双方から解除の申し出があった

場合の手続きや注意点について説明します。 まず、賃貸契約書更新に伴う解除の申...

ビジネスパートナーと契約書を交わしたが、相手方の都合で解除を求められている

ビジネスパートナーと契約書を交わしたが、相手方の都合で契約解除を求められた場合...

業務委託契約書を作成したが、相手方が納品期限を守れなかったため、解除を考えている

業務委託契約とは、委託者が委託業務を行い、委託者に報酬を支払う契約のことであり...

建設工事契約書を締結したが、建設期間が予定よりも長引いたため、解除を求められている

建設工事契約書を締結した際に、契約期間が定められていた場合には、当初の契約期間...

マンション管理組合の役員として契約書を作成したが、トラブルが発生し、解除を考えている

マンション管理組合の役員として、契約書を作成したものの、トラブルが発生して解除...

印刷業者との契約書に記載漏れがあり、改めて契約書を作成したい

印刷業者との契約書に記載漏れがあった場合、改めて契約書を作成することができます...

契約書の内容が不明確でトラブルが発生した Aさんは、建設業界で働く会社員です。先月、自社を建設する際の下請け業者との契約書を作成しましたが、契約書の内容が不明確で請け負い内容に関するトラブルが発生してしまいました。どうすればよいのか相談したいと思います。

1. 契約書の重要性について 契約書は、双方の意思を確認し、約束事を明確にする...

解約したいが、契約書には違約金の記載がある Jさんは、美容師として活動している個人事業主です。先月、美容院との契約書を交わしましたが、移転のために解約を考えています。しかし、契約書には違約金の記載があり、どうしたらよいか悩んでいます。

契約書に記載のある違約金によって、契約を解約することができないと悩んでいるJさ...

契約書の一方的な解除について相談したい Bさんは、不動産投資を行う個人投資家です。先日、賃貸物件を所有していた管理会社から一方的に契約が解除されたという連絡がありました。契約書には解除条件についての記載がありませんでした。このまま放置しておいてもいいのでしょうか。

Bさんが契約書による解除条件の記載がない状態で一方的に契約が解除された場合、法...

解雇通知書に関する相談 Cさんは、飲食業界で働くアルバイト従業員です。先日、パートナーとの喧嘩が原因で店長から解雇通知書を渡されました。契約書には一方的な解雇権限は店舗側にあると記載されていましたが、この理由で解雇されることがあるのでしょうか。

まず、日本の労働法において、一方的な解雇権限というものは存在しません。つまり、...

契約更新の必要性について Dさんは、IT系企業で働く正社員です。現在、2年間の労働契約期間が終了し、会社側からの契約更新の要請が来ています。しかし、労働内容が現在自社の業務と異なるため、契約更新する必要性があるのかどうか判断がつきません。アドバイスをお願いします。

まず、契約更新の必要性について法律的な観点から解説します。 労働契約は、労働...

契約書の期限延長について相談したい Eさんは、グラフィックデザイナーをしているフリーランスの方です。先月、大手企業との仕事の契約書を作成しましたが、制作期間が1ヶ月短く、納期に追われています。契約期間を延長することはできるのでしょうか。

まず、契約書には契約期間が明記されているはずです。契約期間とは、契約が有効であ...

雇用契約書の変更について相談したい Fさんは、会社員でありシングルマザーです。昨年、転職して現在の会社に入社しました。しかし、今後子育てが忙しくなる予定があり、労働時間を減らしたいと思っています。雇用契約書の変更は可能なのでしょうか。

まず、雇用契約書とは、労働者と企業が雇用関係を築くために定めた労働条件等の合意...

契約書の解除通知を受け取ったが、不当であると思う Gさんは、中小企業の経営者です。数年前、取引先との契約を結んでいましたが、今月突然解除通知を受け取りました。契約書に明確な理由なく解除できる旨の記載がありますが、この解除は不当ではないでしょうか。

契約書に明確な理由なく契約解除できる旨の記載がある場合、その記載が無効となるか...

契約書の書き方について相談したい Hさんは、アート関連のフリーランスデザイナーです。最近、自身で作成する契約書の内容に自信が持てなくなってきました。契約書の書き方のポイントや注意すべき点を教えてほしいと思います。

契約書の作成は、契約関係において非常に重要な要素であり、利益関係の調整や、紛争...

配当金支払いに関するトラブルが発生した Iさんは、株式投資家として活動しています。先月、保有している株式が上場企業に吸収合併され、配当金の支払いがあると連絡が来ましたが、その後支払いが遅れているため困っています。このような場合、どうすればよいのでしょうか。

株式の配当金は、株主に対する企業の利益配分の一つであり、株主にとっては重要な収...

作家と出版社の契約書について。出版社が推薦したイラストレーターを使用せずに、自分で選んだイラストレーターに依頼したところ、出版社からクレームが来ました。契約書にそのような規定は無かったため、クレームについてどう対応すればよいか悩んでいます。

作家と出版社との間に締結された契約書には、作品の出版に関する諸条件が記載されて...

契約書による財産移転問題について。父親が亡くなったため、相続人の兄弟たちと不動産や預金の財産移転に関して話し合いをしている。一部の兄弟が不動産を売却する必要があるとし、契約書を作っているが、売却先が相手にするに値しない業者だった場合にどうするか悩んでいる。

相続に関する問題において、最初に考慮するべき法的原則は、相続財産を含む財産の所...

アパートの契約書について。退去の際、原状回復費用と称して大きな請求が来たため、契約書の内容を確認したところ、原状回復義務についての規定がぼかされていて納得できず困っています。

アパートの退去に際して、原状回復費用として請求がある場合、その費用に対する正当...

労働契約書について。新型コロナウイルスの影響で会社の業績が悪化し、一時解雇になりました。解雇された期間だけでも生活ができるよう、契約書には解雇後も一定期間給料を払う旨の記載があったのですが、実際には解雇後一円も入金されないまま現在に至っています。どうすればよいでしょうか。

心当たりのある方は、労働契約書をよく読んで、解雇後に支払われる可能性のある給料...

不動産の賃貸契約書について。家賃が滞ったために解約金を支払うことになりましたが、契約書には明確な解約金の金額が書かれておらず、また敷金の返還に関する記載も不十分で、現在契約解除後も家主からの連絡が来て困っています。

この場合、家賃が滞ったために解約金を支払うことになったということから、当該賃貸...

からくり契約書について。取引先との契約書に、自分が印鑑を押さなければ契約が成立しないことが書かれていました。しかし、契約書を読み終えてからからくりがあるなと感じたため、相手に不安な気持ちを伝えたところ、「そんなことはない、ただ印鑑が必要なだけだ」と言われました。

本件について、契約書に印鑑が必要とされている旨の条項が記載されている場合、当該...

労働契約書について。新しく入社することになったが、契約書には「賃金は定額制であり、固定残業代を含んでいる」という記載があったため、残業代の支払いに不安を感じています。

労働契約書とは、労働者と雇用者との間で締結される契約書のことです。この契約書に...

契約書による訴訟の争点について。依頼人の会社が食品工場を建設する際に土地所有者との間で契約を結び、設備を納入する業者と契約書を交わしました。しかし、設備品質に問題が生じたとして、設備納入業者と土地所有者が訴訟を起こし、自分たちの会社も巻き込まれています。

このような契約書による訴訟の場合、訴訟の争点としては、以下の点が考えられます。...

契約書の改定について。顧客先から改定案が提示され、同意しなければ契約が打ち切られるとの通知が来ました。自分側でも細かい改定を提案しましたが、相手側からは「それは受け入れられない」との返答があり、どうすればよいか迷っています。

まず最初に、契約書の改定は一方的に行うことができるものではありません。両者の合...

契約書上の不備について。家族の会社でバスツアーを運営しており、バス会社と結んだ契約書にはトラブル防止のため、最大定員数を超えないことが約束されていました。しかし、ある日、定員オーバーの事故が起こり、契約書上に不備があったために損害賠償の請求が来て困っています。

この場合、契約書上の不備に関する法的な問題が生じます。基本的には、契約書に明示...

Aさんは個人事業主として、家具製作の仕事をしています。ある顧客からの依頼で、大量のテーブルを作る契約書を作成しました。しかし、製作途中で顧客が成立しなくなり、契約を解除したいと言われました。この場合、どのように対処するのが適切でしょうか。

法的回答 個人事業主であるAさんが、ある顧客からの依頼で大量のテーブルを製作...

Jさんは、地球規模の環境問題に取り組むNPO法人の立ち上げを目指しています。理事会のメンバーと契約書を作成しましたが、活動方針に相違が生じ、一部の理事が辞任することになりました。このような場合、どのような対応が必要でしょうか。

NPO法人において、理事会のメンバーが活動方針に相違を有することは稀ではありま...

Bさんは音楽教室を経営しています。生徒との契約書を作成しているのですが、退学する生徒があります。この場合、契約書を解除することはできるのでしょうか。

契約書による契約関係が成立している場合、原則として契約解除は当事者間の協議に基...

Cさんは、コンサルティング業をしています。ある企業からの依頼で、契約書を作成しましたが、業務完了までには至っておらず、会社側から契約解除を言われました。この場合、どのような対応が必要でしょうか。

Cさんがコンサルティング業を行っていた際、ある企業からの依頼で契約書を作成しま...

Dさんは建設業を営んでいます。大手不動産会社からの発注で、高層ビルの建設を行っています。しかし、建設中に工程の遅れが生じ、不動産会社側から契約解除を言われました。このような場合、どのような対応が必要でしょうか。

Dさんが建設業者として契約を結んだ不動産会社から、高層ビルの建設を行うための発...

Eさんは、IT企業で働いています。雇用契約書を作成中、会社側から解雇された従業員の処理について相談を受けました。契約解除にはどのような手続きが必要でしょうか。

契約解除には、法的手続きが必要です。従業員の解雇時には、雇用契約書に従って手続...

Fさんは、医師として独立開業するために、診療所の場所を探しています。不動産会社と契約書を作成し、物件を決定しましたが、契約前に他の物件を見つけてしまい、契約解除をしたいと思っています。この場合、どのようなルールが適用されるのでしょうか。

Fさんが不動産会社と契約書を作成して物件を決定した場合、契約解除には一定のルー...

Gさんは、某スポーツクラブでトレーナーをしています。契約書の期限が切れそうで、クラブ側から更新の話が出ました。Gさんは、そのまま更新するのではなく、別のクラブに移籍したいと思っています。この場合、契約解除にはどのような手続きが必要でしょうか。

Gさんがスポーツクラブでトレーナーとして契約を締結した場合、契約期間が満了する...

Hさんは、不動産業をしています。ある賃貸物件の契約書を作成し、テナントに渡しましたが、不渡りが生じました。契約解除に向けて、どのようなアクションを取るべきでしょうか。

賃貸物件の契約書を作成し、テナントに渡すことは、不動産業において最も基本的で重...

Iさんは、犬のしつけ教室を運営しています。ある生徒が、しつけが思うように進まず、教室側からやむを得ず契約解除の話を出しました。この場合、どのように対処すれば良いのでしょうか。

Iさんが運営する犬のしつけ教室において、生徒がしつけが思うように進まず、教室側...

Aさんは、友人と一緒に起業し、契約書を作成したが、後に軋轢が生じ、解散することになった。しかし、契約書には解除についての条項が書かれていないため、どのように解除すれば良いのかわからなくなり、法律相談をすることになった。

まず、Aさんが起業した際に作成した契約書がどのような内容であるかによって、解除...

Jさんは、通信業者に加入していたが、契約書に書かれた解約手数料に納得がいかず、法律相談をすることになった。通信業者との契約書の条項や判例事例を検討し、解約時の手数料はどのように決まるのかを知りたいと考えている。

Jさんが通信業者との契約書に基づく解約手数料に納得がいかないと考え、法律相談を...

Bさんは、自社の社員との契約書を見直そうと思い、労働弁護士に相談した。しかし、契約書の改定によって、社員からの不満や離職のリスクが高まることがわかり、どう対処すればよいか迷っていた。

Bさんが自社の社員との契約書を見直し、改定することを決めた背景には、現在の契約...

Cさんは、個人事業主として活動していたが、新たな仕事を請け負うに当たり、クライアントから作成された契約書を見て、不利な条項が多いことに気が付き、法律相談をした。

Cさんが新たな仕事を受けるにあたり、クライアントから作成された契約書に不利な条...

Dさんは、不動産業者から借りたマンションから引っ越すことになったが、契約書には違約金の規定が明記されておらず、引っ越しの費用なども含めた違約金の算出ができず、法律相談をすることになった。

不動産業者との契約が締結された場合、契約書には物件の情報や賃料など様々な取り決...

Eさんは、取引先との契約書にて免責条項が盛り込まれており、商品に不具合が生じた場合に返金や修理費用が請求できなくなっていた。このまま契約書に署名するべきなのか悩み、法律相談をすることになった。

契約書に免責条項が盛り込まれている場合、商品に不具合が生じた場合に返金や修理費...

Fさんは、工場を有しており、従業員との労働契約書を作成したいと考えていた。しかし、従業員が多岐にわたり、それぞれの労働条件が異なるため、どのようにまとめるべきかわからず、法律相談をすることになった。

Fさんが工場を有しているとのことであるが、労働契約書には労働者と雇用主の間で合...

Gさんは、著作物を制作する際に、クライアントとの契約書作成を要望された。しかし、著作物の表現方法や使用料金の規定、クライアントの著作権侵害などについて、どう条文化すれば適切かわからず、法律相談をすることになった。

Gさんがクライアントと契約書を作成する際には、著作権法や契約法などの関連法令を...

Hさんは、前職時代に購入した株式について、解除したいと考えていた。しかし、契約書には解除についての規定がなく、どのように解除すれば良いのかわからず、法律相談をすることになった。

Hさんが前職時代に購入した株式について解除したいと考えた場合、まず法的に株式を...

Iさんは、キャッシュレス決済を導入する際に、契約書の作成を依頼された。しかし、手数料やシステムの不具合の責任などについて、どう条文化すればよいか迷っていた。

キャッシュレス決済とは、キャッシュを使わずに電子マネーやクレジットカードなどを...

おすすめ法律相談

開業するにあたっての法的手続きについて教えて欲しい。

開業するにあたっての法的手続きには、主に以下のようなものがあります。 1. ...

「現在、職業病で休職しています。社会保険はどのように受けられるのでしょうか?」

職業病とは、労働者が職務上の業務を行っている間に発症した病気や障害のことを指し...

自分が経営する会社が、長年にわたり暴力団と取引を続けていました。今更、取引停止というのは困難だと思いますが、どうしたらいいのでしょうか。

まず、暴力団との取引は法律に違反する行為であり、問題があることを認識する必要が...

Jさんは、会社員ですが、趣味で自分で撮影した写真を自己出版で販売しています。ところが、ある出版社から「あなたの写真集を出版したい」と提示されました。この場合、自己出版での著作権はどうなるのでしょうか。

まず、自己出版とは、著作物を自分で販売することを指します。著作物とは、書籍、写...

Gさん Gさんは、ECサイトを運営しています。最近、顧客から自社サイトで購入した商品が違うものが届いた、または商品が破損していたといったクレームが増えています。不正競争防止法や景品表示法はどのように適用されるのか、またどのように対応すればよいのでしょうか。適切な処理を行い、信用を守りたいと考えています。

GさんがECサイトを運営している場合、ECサイトに関する法律には、不正競争防止...

労災認定を受けたが、その後長期間休職する必要がある状態になった。会社からは休職期間が長いため、解雇する旨の通知が届いた。解雇できるのか、またどのような手続きが必要か相談したい。

労災認定によって休職する必要が生じた場合において、雇用契約に基づく解雇に関する...

Hさんは、リゾート地にあるフラワーガーデンを運営しています。最近、フラワーガーデン内でのイベント開催に伴い、周辺住民から騒音や交通渋滞のクレームが数多く寄せられています。法律的にイベントを開催することに問題がないか、またクレームにどのように対応すればよいかを相談したいと思っています。

Hさんが経営するリゾート地にあるフラワーガーデンでのイベント開催に伴うクレーム...

夫からのDVに耐えかね、無断で家を出たが、子供の親権をどうするか考えている

まず、DVとは「家庭内暴力」とも呼ばれ、身体的、性的、精神的な暴力・虐待を含む...

Gさんは20代の男性で、自閉症のため、日常生活に支障をきたすことがあります。Gさんは大学に入学し、一人暮らしをしています。しかし、最近家賃や光熱費などの支払いが遅れるようになり、成年後見を勧められました。Gさん自身は後見人が必要なのかわからず、迷っています。

成年後見制度は、障害を抱えた人や高齢者が、自分で自分の生活を決めることができな...

農業用地に倉庫を建設し、貸し倉庫にするが、規制がある

日本の農地法によれば、農地は主たる目的を農業にすることが原則とされています。そ...