親権・監護権

親権・監護権

Aさんの夫が家庭内暴力をしているため、子ども2人と離婚したいと思っています。しかし、夫は子どもたちを引き取ると言っており、Aさんは親権を争うことに不安を感じています。

家庭内暴力を受けた人が、離婚や親権をめぐる紛争を解決しようとする場合、まず最初...

Jさんは、子どもと共に旅行していたが、帰国後に夫が子供を連れ去ってしまいました。夫は、Jさんに子どもの面会を認めないため、Jさんは親権を主張することになりました。どのような手続きが必要でしょうか?

Jさんが夫に子供を連れ去られた際に、夫が子供を連れ去る行為は「親権者の放棄又は...

Bさんは夫婦で子育てをしているが、最近夫が仕事に忙しくなり、子どもの面倒を全く見てくれなくなった。Bさんは夫に協力を求めましたが、無視されて困っています。このような場合、どのようにすれば良いでしょうか?

Bさんが夫から子育ての協力を得られなくなって困難に陥った場合、解決方法は様々あ...

Cさんの夫が突然死去したため、Cさんは一人で子育てをしなければならなくなりました。しかし、夫の両親がCさんの子どもを引き取ろうとしています。Cさんは子どもと一緒に暮らしたいと思っていますが、どうしたら良いでしょうか?

Cさんが一人で子育てを行うことになった状況については、基本的に法律的な問題はな...

Dさんは長年交際しているパートナーとの間に子どもが生まれました。しかし、パートナーは結婚を拒否し、子どもを認知することも拒否しています。Dさんは一人で子育てをすることになりますが、親権や監護権をどうするか悩んでいます。

Dさんのような方が直面する問題は、日本の法律においては相当深刻な問題とされてい...

Eさんは、離婚してからも元夫の暴言や嫌がらせを受け続け、気分が落ち込んでいます。元夫は子どもの面会交流を求めていますが、Eさんは子どもとの面会が困難だと考えています。このような場合、どうするべきか教えてください。

まず、Eさんが元夫から受けた暴言や嫌がらせは、法律的にはストーキング行為として...

Fさんは乳幼児を育てているが、飲酒運転の車に轢かれ、重傷を負ってしまいました。Fさんの夫が急逝したため、子どもを誰かに預ける必要がありますが、親族の中で預けられる人がいない場合、どうすれば良いでしょうか?

Fさんが乳幼児を育てているため、少なくとも一定期間子供の預かり先を確保する必要...

Gさんは2人の子どもを育てていますが、夫が不倫をしていることが発覚し、家庭崩壊しています。夫は離婚を拒否しており、子どもたちの面会交流も拒否しています。このような場合、どうしたら良いでしょうか?

まず、Gさんが必要ない場合は弁護士に相談することが望ましいです。弁護士は、Gさ...

Hさんは、昨年夫が逮捕され、現在服役中です。Hさんは子どもたちに夫の存在を話さないようにしていましたが、子どもたちから父親に会いたいと言われた場合、どうすれば良いでしょうか?

まず、刑務所や拘置所に収容されている服役者に面会するためには、特定の手続きが義...

Iさんは、親権を持つ父親が子どもを養育しないため、自分が子どもを引き取って育てたいと思っています。しかし、父親は引き渡しを拒否しています。どのようにすれば良いでしょうか?

この場合、Iさんが子どもを引き取って育てるためには、法的手続きを踏む必要があり...

Aさん(父親)は、妻と離婚し、2人の子供(9歳の娘と6歳の息子)を引き取っています。しかし、最近、Aさんの娘が自分の母親に会いたいと言い出したため、Aさんはどのようにすればいいか相談したいと考えています。

Aさんが娘の願望を尊重する必要性 Aさんの娘が自分の母親に会いたいと言い出した...

Jさん(父親)は、妻に先立たれ、1人で子育てをしています。しかし、Jさんは最近、うつ病にかかってしまい、子育てに支障をきたしています。Jさんは、どのように自分の状況を改善して子供たちを支えられるか相談したいと考えています。

Jさんの状況は、障害者福祉法に基づいて支援を受けることができます。障害者福祉法...

Bさん(母親)は、離婚後、2人の子供を引き取らなかったため、Aさんが引き取っています。しかし、最近、Bさんは親権を回復し、子供たちを引き取りたいと言い出しています。Aさんはどのようにすればいいか相談したいと考えています。

このようなケースでは、子供の福祉と最善の利益が重要な考慮事項となります。親権を...

Cさん(母親)は、Aさん(父親)によって子供2人(10歳の娘と8歳の息子)が奪われたと主張しています。Cさんは、子供たちに会いたいが、Aさんは拒否しています。Cさんはどのようにすればいいか相談したいと考えています。

まず、Cさんは「子の引渡し請求権」と呼ばれるものを持っていることを知っておく必...

Dさん(父親)は、妻が亡くなり、3人の子供を引き取っています。Dさんは、最近、自分の仕事が忙しくなり、子供たちの世話が十分できなくなっています。Dさんは、どのように子供たちの世話をするか相談したいと考えています。

Dさんが子供たちの世話をすることができなくなった場合、子供たちを引き取ってくれ...

Eさん(母親)は、Aさん(父親)と再婚したため、2人の子供を引き取っています。しかし、最近、Aさんが家族に暴力を振るい、子供たちを虐待していると疑われています。Eさんは、どのようにすれば子供たちを守ることができるか相談したいと考えています。

Eさんが懸念するような家庭内暴力や虐待は、法的に抑制されるべき行為です。日本国...

Fさん(父親)は、子供が学校に行かず、勉強もしないため、教育に困っています。Fさんは、どのように子供に教育を施すか相談したいと考えています。

教育において、保護者が責任を持つことは明らかです。保護者は、子供に対して、義務...

Gさん(母親)は、夫が遠くに転勤したため、1人で子育てをしています。Gさんは、子供たちが不登校になり、家事もできないため、精神的に疲れ果てています。Gさんは、どのように生活を支援してもらえるか相談したいと考えています。

Gさんが抱えている問題は多岐にわたり、精神的に極度の疲弊状態に陥っていることが...

Hさん(父親)は、子供たちが自分の親権を放棄し、祖父母の元で暮らそうとしています。しかし、Hさんはそのことを容認できず、子供たちを引き取りたいと考えています。Hさんは、どのようにすれば子供たちを引き取れるか相談したいと考えています。

まず、Hさんが子供たちを引き取るためには、子供たちの親権を持つ祖父母から親権を...

Iさん(母親)は、夫と離婚し、子供を引き取っています。しかし、Iさんは病気や急用があるため、子供を一時的に父親に預けたいと考えています。しかし、父親は子供たちを虐待していた過去があり、Iさんは不安を感じています。Iさんはどのようにすれば子供たちを安全に預けられるか相談したいと考えています。

Iさんは、子供たちの安全性を確保するために適切な措置を講じる必要があります。ま...

Aさんの親権問題について相談があります。Aさんには5歳になる息子がいますが、彼女と夫との離婚が原因で、現在は夫が息子の監護役をしています。Aさんは息子の幸せを願っているが、夫が子供を引き離していると感じています。弁護士のアドバイスが必要です。

Aさんの親権問題について、いただいたご相談に基づき、法的な観点からの回答を提供...

Jさんが相談しています。彼女の夫は、別居中にアルコール依存症を患っています。彼の状態は悪化し、引き続き酒を飲んでいることを知っています。Jさんは、子供が危険にさらされることを心配しており、夫の問題を解決するために助言が必要です。

夫がアルコール依存症であり、子供が危険にさらされる可能性がある場合、Jさんは行...

Bさんはシングルマザーで、今では7歳の娘を育てています。彼女は最初は父親が娘の監護役を担当する予定であったが、父親が彼女と娘の関係を改善せず、彼女が親権を得ることができました。しかし、父親は彼女と娘を引き離し、娘が彼女と引っ越す前は毎週末子供を訪ねていました。今では父親は一切姿を現さず、Bさんはそのことを心配しています。彼女の解決策を知りたいと思っています。

まず、Bさんが父親に対して何らかの法的手段を取るために必要なことを説明します。...

Cさんが相談しています。彼女の夫は、彼女が出張中に子供を学校に登校させていました。彼女は許可していないにもかかわらず、彼女の夫がそれを行っていたため、彼女は彼の行動に対して不満を感じています。彼の行動に対処することが必要だと思っているが、どうすればよいかわかりません。弁護士に相談したいと思っています。

Cさんが相談されているケースにおいて、重要な問題は夫による自己の判断に基づく子...

Dさんが相談しています。彼女は夫の母親が、Dさんが出産した赤ちゃんを見ることを要求しています。しかし、Dさんは夫の母親が子供を見たがっているが、Dさんは彼女の母親が彼女を手伝うために来ることを望んでいます。Dさんはどうすればよいかわからず、弁護士の助言が必要です。

Dさんのように、親族間において赤ちゃんの預け先や見せる人に関して意見が合わない...

Eさんが相談しています。彼女は、彼女の夫が子供に対する奉仕に関心がないことについて心配しています。Eさんは、彼女の夫が子供に食事を与えたり、子供が入浴したりすることについてはほとんど関心がなく、彼女が子供に情熱を持つことを望んでいます。彼女はどうすればよいかわからず、助言が必要です。

まず、Eさんが心配している問題は、夫が子供に対する奉仕に関心がないということで...

Fさんは、彼女の夫が子供に虐待を行っていると疑っています。彼女の夫は子供に対して過度に厳しくなり、子供を罵倒したり、時には手をあげることもあります。彼女はこの問題を解決することが必要だと思っていますが、弁護士に相談する前に何をすべきかわからないと言っています。

夫による子供の虐待が疑われる場合、関係者は速やかに対処する必要があります。虐待...

Gさんが相談しています。彼女は夫が共同養育協定に違反していると思っています。彼女は夫に託児所に子供を連れて行くことを要求していますが、夫はこれを拒否しています。彼女は自分の権利を行使するために何をすべきかわからず、弁護士に相談したいと思っています。

ご相談ありがとうございます。 まず、共同養育協定とは、夫婦が離婚し、未成年の...

Hさんは、自分が子供を車で運転することについて心配になっています。彼女は、運転免許を持っているが、初めて子供を連れて運転するということで不安になっています。彼女は、法的にどのような義務があるのか、子供を車で運転する際、何をするべきかを知りたいと思っています。

Hさんが子供を車で運転する際には、法律的には幾つかの義務があります。 まず、...

Iさんは、彼女の夫が女性と浮気していることを突き止めました。彼女は夫と子供たちと一緒に生活したいと思っていますが、彼女の夫はまだ女性と文通していると言っています。彼女は、離婚をするかどうかを決定するための助言が必要です。

まず、Iさんが離婚に至る事情は不明ですが、夫が浮気をしている状況を把握した上で...

離婚後、子どもの面会交流ができません。相手親が面会交流を拒否しています。

離婚後においては、子どもとの面会交流が重要な意義を持ちます。しかし、相手親が面...

子どもが父親に引き取られ、母親との面会交流が不十分な状態です。面会交流を増やすにはどうしたら良いでしょうか。

子どもが父親に引き取られ、母親との面会交流が不十分な状況について、両親が出会う...

夫がDVをしてきたため、出産後すぐに夫と別居し、現在は離婚中です。親権は誰になるのか不安です。

まず、親権についてですが、法律上の原則としては、夫婦が離婚した場合には、子ども...

別れたパートナーが子どもを引き取って行方不明になりました。どうすれば良いでしょうか。

まず最初に、引き取り先や行先がわからない場合は、警察に行方不明届けを提出するこ...

子どもを連れ去られたことがあり、今後の親権や面会交流に不安があります。

親権とは、親が子供に対して権限を持ち、子供の生活上の重要な決定を行うことができ...

夫と離婚することになり、親権や面会交流について話し合いをする必要がありますが、どう進めれば良いのか分かりません。

夫婦の離婚は、当事者同士が話し合いを進めて合意する場合と、裁判所で判断を仰ぐ場...

親権は父親、母親に分かれるのでしょうか。子どもを引き取りたい方に親権が行くのでしょうか。

親権とは、未成年者に対して責任を負い、その生活を指導する権限を持つ者に与えられ...

子どもが離婚後に暴力行為をしてきたため、子どもとの面会交流を止めたいと思っています。どうすれば良いでしょうか。

子どもとの面会交流を止めたいという状況には、法律上の手続きが必要です。まずは、...

子どもが父方の親戚に引き取られ、母親との面会交流ができません。どうすれば良いでしょうか。

「子どもが父方の親戚に引き取られ、母親との面会交流ができない」という状況に悩ん...

子どもが病気になった際、親権者は必ずしも決まっていません。病気になった時、どうすれば良いでしょうか。

子どもが病気になった場合、親権者は必ずしも決まっていません。多くの場合、父親と...

Aさんの相談 Aさんは、子供を育てるために離婚したが、元配偶者の監護権行使に不満がある。自分が主に子育てをしていると感じているが、元配偶者から反論されている。このような場合、親権・監護権に関するどのような問題が生じるか、法的にどういう解決策があるかについて相談したい。

Aさんが離婚して子供を育てているにもかかわらず、元配偶者が監護権を行使する際に...

Jさんの相談 Jさんは、夫婦共働きであり、子供を預ける保育園と、帰宅後の時間帯をめぐって元配偶者と問題が起きている。元配偶者は、自身の希望する時間に合わせて子供を預けるように求めてきており、Jさんは、仕事をもっている以上、そういうわけにはいかないと考えている。保育園に関しても、元配偶者から疑問視されており、不安がある。このような場合、どういう対応が必要か、また、親権・監護権にどのような影響があるかについて相談したい。

Jさんのお話を聞き、まずは、保育園や帰宅後の時間帯において元配偶者との協力が必...

Bさんの相談 Bさんは、離婚後に元配偶者に子供を引き渡す手続きを行ったが、元配偶者が行方不明になった。元配偶者の親族から「元配偶者が子供を引き取っている」という連絡があり、子供の安否が心配である。このような状況では、どういう手続きをするべきか、法的にどのような対応が必要かについて相談したい。

まず、元配偶者が子供を引き取っているという親族の連絡を受けた場合、まずは元配偶...

Cさんの相談 Cさんは、離婚しているが、元配偶者が子供を連れ去って養育している。Cさんは、子供との面会を求めたが、元配偶者から拒否されている。このような場合、どうすれば子供との面会ができるのか、また、監護権の取得についてどのような手続きが必要かについて相談したい。

Cさんが離婚しているが、元配偶者によって連れ去られた子供との面会を拒否されてい...

Dさんの相談 Dさんは、子供を育てるために離婚したが、元配偶者が子供に対して暴力を振るったことがある。Dさんは、子供を守るために監護権を取りたいが、元配偶者の反発が予想される。監護権を取るためにはどのような手続きが必要か、また、元配偶者に対してどういう対応をすればよいかについて相談したい。

まず、Dさんが監護権を取得するためには、民事訴訟法に基づく裁判所手続きが必要と...

Eさんの相談 Eさんは、子供の性格や学力に問題があると感じ、元配偶者に改善を求めたが、反応がない。Eさんは、子供の将来に不安があるため、監護権を取りたいが、元配偶者との関係が悪化することを懸念している。このような場合、どのように監護権を取ることができるのか、また、元配偶者との協力関係を損なうことなく解決するためにどういう対応が必要かについて相談したい。

まず、監護権とは、未成年者の事務を取り扱う権利や義務を持つ親権者のことを指しま...

Fさんの相談 Fさんは、自身が不倫していたことが原因で離婚し、元配偶者に子供の監護権を譲った。しかし、元配偶者には子育て能力がなく、子供が虐待を受けていると聞いた。Fさんは、子供を守るために監護権を取り戻したいが、自分の過ちが原因であることに負い目を感じている。このような場合、どういう対応が必要か、また、自分の過去をどのように扱うべきかについて相談したい。

このような場合、まずは直ちに児童相談所や警察等に通報することが必要です。子供が...

Gさんの相談 Gさんは、未婚の母親であり、子供の父親が認知を拒否している。Gさんは、子供を育てるために監護権を取りたいが、相手方が認知しない場合、どういう手続きが必要かわからない。また、認知を拒否される理由が知りたいと思っている。このような場合、どういう対応が必要か、また、親権・監護権取得のためにどのような手続きが必要かについて相談したい。

まず、未婚母親であるGさんが子供の監護権を取得するためには、民法に基づいて家庭...

Hさんの相談 Hさんは、元配偶者との離婚後、新しいパートナーと暮らしている。しかし、元配偶者から「新しいパートナーが子供に悪影響を与える可能性がある」との主張があり、監護権の剥奪を求められている。Hさんは、新しいパートナーとの関係を断てるわけではないが、子供に悪影響を与えるつもりはないと主張している。このような場合、どのような対応が必要か、また、親権・監護権取得に影響を与えないようにどうすればよいかについて相談したい。

まず、親権と監護権について説明します。親権とは、子どもの生活全般に関する権限を...

Iさんの相談 Iさんは、長年にわたるDVを受け、離婚することになった。DV被害者保護法を利用して、DVから身を守っているが、子供の監護権は元配偶者が持っているため、子供がDVの被害にあう可能性がある。監護権を取得できないかどうか、あるいは、DVの被害にあった場合どうすればよいかについて相談したい。

DV被害者保護法を利用してDVから身を守るIさんにお悩みの相談ありがとうござい...

おすすめ法律相談

B社という会社の元従業員が、会社の商業秘密を知っているにもかかわらず、B社と競合する会社に移籍して、B社の商品の製造を開始しています。B社はこの状況にどのように対処することができますか?

このようなケースにおいて、B社がとるべき対処法には、以下のようなものがあります...

歯科医師のミスによって歯に大きなダメージを受けた場合、どのような賠償を受けることができますか?

歯科医師のミスによって歯に大きなダメージを受けた場合、被害者は賠償を受けること...

保有している土地を分割して、貸し出す予定です。手続きや注意すべき点を教えてください。

土地を分割して貸し出す場合、不動産に関する法律に則って手続きを行う必要がありま...

輸入した商品が、輸出国で知らないうちに紛争地域に輸出され、輸出入関連法に違反していたことがわかり、罰則を受ける可能性がある。このような場合の対処方法についてアドバイスを求めたい。

日本における輸出入関連法には、輸出取引における監督・管理及び是正の仕組みを定め...

Jさんは、友人と一緒に、新しい事業を立ち上げたいと考えています。この場合、友人とどのような法人格で事業を行うことができるでしょうか?

友人と共に新しい事業を立ち上げる場合、法人格を選ぶことが必要になります。法人格...

I社は事業拡大のために新たな事業を始めようとしている。会社法上の手続きやリスクなど、新規事業についてのアドバイスをもらいたい。

I社が新たな事業を始める際には、会社法上の手続きやリスクについてしっかりと把握...

Dさんが、プライバシーの侵害を受けていることに気づいたのは、自身が撮影した写真が他の人物の投稿記事に使用されていた時だった。Dさんはその写真をインスタグラムに投稿した直後、自分と瓜二つの少女が、Dさんの許可なくその写真を使用していた。さらに、その投稿に対して誹謗中傷のコメントが書き込まれていた。

まず、Dさんが受けたプライバシーの侵害について説明します。プライバシーの侵害と...

企業での業務上、社員の個人情報を扱うことになったが、情報管理の方法に不安がある。情報漏えいや不正利用を防ぐための施策について相談したい。

企業が社員の個人情報を適切に管理することは重要な法的責任であり、また社会的要請...

製造工場の従業員として働いていたが、機械に巻き込まれて死亡した

このような場合、労働災害として社会保険制度が適用されます。社会保険は、事業主が...

会社設立の手続きは理解しているが、本格的な法務チームを組む費用対効果や必要性について検討している。アドバイスが欲しい。

会社設立というのは、一度手続きを済ませた後は、後は経営や業務に没頭してお金を稼...