不動産取引・登記

不動産取引・登記

Aさんは、都心にあるマンションを売却することになりました。しかし、不動産会社から提示された価格が自分が思っていた価格よりも低いと感じ、不動産会社の優越的地位に不安を覚えています。このような場合に、相場に損をせずに適正な価格で売却するためには、どうすればよいのでしょうか。

不動産の売却において適正な価格を得るためには、専門家のアドバイスを受けることが...

Jさんは、遠方に移住するために所有していた不動産を売却したいと考えています。しかし、物件自体には問題がなく、周りの環境や土地の状況が価格に影響を与えることが懸念されます。このような場合に、自分の物件の適正な価格を把握するためにどのようなポイントを押さえるべきか、また購入希望者が見るであろうポイントについてどのようなアドバイスがあるのでしょうか。

不動産の売却において、物件自体が問題がない場合でも、周りの環境や土地の状況が価...

Bさんは、遠方に在住する親族から相続した土地を売却することになりました。しかし、土地には他人名義の登記がされており、取引に支障が出るのではないかと懸念しています。このような場合には、土地の登記状況をどのように確認し、スムーズに売却することができるのでしょうか。

相続によって所有する土地を売却する際には、土地の登記状況を確認しておくことが重...

Cさんは、戸建て住宅を購入するために土地や建物の調査を行っています。しかし、調査の結果、隣地との境界線が曖昧であることが判明し、今後のトラブルを懸念しています。このような場合に、境界線の確定方法やトラブルを回避するための対策について、どのようなアドバイスがあるのでしょうか。

境界線の確定方法 まず、隣地との境界線を確定するためには、以下の方法がありま...

Dさんは、戸建て住宅を売却することになりました。しかし、住宅ローンが残っているため、住宅ローンの残債と売却価格との差額をどのようにクリアすればよいのか悩んでいます。また、住宅ローンが残る状態で物件を売却することに不安を覚えています。このような場合には、どのようなアドバイスがあるのでしょうか。

Dさんが戸建て住宅を売却する際、住宅ローンが残っている場合、以下のような注意点...

Eさんは、投資用不動産を買い取り、自己で賃貸物件として運用することになりました。しかし、物件が古く、修繕費用がかかってしまったり、入居者が支払わない家賃が発生したりすることを懸念しています。投資用不動産を運用する上での注意点やトラブル発生時の解決策について、どのようなアドバイスがあるのでしょうか。

投資用不動産を運用する上での注意点 1. 契約書の確認 物件を購入する前に、...

Fさんは、中古マンションを購入することになりました。しかし、数年前に同じマンションでトラブルが起きていたことが報道されており、同じ問題が再発するのではないかと懸念しています。このような場合に、事前にトラブルが起きた履歴などを確認する方法や、購入後に発生した場合の解決策についてどのようなアドバイスがあるのでしょうか。

不動産を購入する際には、その物件について様々な情報を収集し、確認することが必要...

Gさんは、戸建て住宅を売却することになりましたが、物件が築年数が古く、不具合があることが判明しました。そこで、売却前に修繕をして売却したいと思っていますが、修繕に何らかの法的制限が生じる場合があるのでしょうか。また、修繕にかかる費用の負担についても悩んでいます。

Gさんが売却する戸建て住宅に不具合があることが判明した場合、Gさんは法的に義務...

Hさんは、土地を所有しているが、売却せずに賃貸物件として運用したいと思っています。しかし、土地の形状や規制によって、建築可能面積が限定的であり、賃貸物件を建てることができないという問題があります。このような場合には、土地を資産として運用する方法や、他の収益物件への投資などのアドバイスがあるのでしょうか。

土地所有者が土地を売却せずに賃貸物件として運用することを希望する場合、その土地...

Iさんは、中古マンションを購入する予定ですが、他の住民が生活音やペットなどで迷惑をかけることを懸念しています。特に、同じ階にペットを飼っている人がいる場合は、臭いや騒音などが問題になることもあります。このような場合に、管理組合のルールや法律で対応できること、トラブルが起きた場合の解決策についてどのようなアドバイスがあるのでしょうか。

Iさんが中古マンションを購入する際に、他の住民が生活音やペットなどで迷惑をかけ...

不動産の売買手続きでトラブルが起きました。どのような対処が必要ですか?

不動産売買は、契約の締結から引き渡しまで多くの手続きを必要とします。この過程で...

賃貸物件から脱退した際に敷金保証金が返還されない問題が生じました。法律的にどのような権利があるのでしょうか?

敷金保証金が返還されないという問題は、多くの借家人が直面する問題の一つです。こ...

遺産相続で登記に困っています。相続人がたくさんおり、どうすれば良いでしょうか?

遺産相続において、登記に困るということは、何らかの不動産や財産を相続することに...

不動産業者からの説明が分かりづらく、登記手続きについて不安があります。何かアドバイスを頂けますか?

不動産の登記手続きについては、不動産業者から不十分な説明を受けたり、その手続き...

不動産の名義が相手に移ってしまい、返還を求めても応じてもらえません。どうすれば良いでしょうか?

物権法において、不動産の所有者はその所有権を保有することができます。しかし、も...

不動産を購入したが、登記ができていないことが判明しました。どうすれば良いですか?

不動産を購入した後、登記が行われていないことが判明した場合、民法の規定に基づい...

土地売買契約書にサインしたが、登記ができずにトラブルになっています。どのように解決すれば良いでしょうか?

土地売買契約は大きな取引であるため、売主と買主にとっても非常に重要な契約です。...

不動産の所有権移転登記を行いたいが、手続きの流れが分からない場合、どうすれば良いでしょうか?

不動産の所有権移転登記を行うには、一定の手続きが必要です。以下に手続きの流れを...

不動産の有効期限付き売買契約書を作成したが、いざ契約を交わすときに問題が生じました。どのように対応が必要でしょうか?

不動産の有効期限付き売買契約書を作成したが、契約を交わす際に問題が生じた場合、...

不動産購入後、引渡し時期が延期されました。取引を泡に帰すことも考えます。どのようなアドバイスがありますか?

不動産購入後の引渡し時期が延期された場合、購入者側は不安やストレスを感じること...

家族が相続した土地を売却することになり、手続き方法や注意点について教えて欲しいと思っています。

家族が相続した土地を売却する際には、適切な手続きを行い、注意点をしっかり把握す...

不動産登記ができない場合はどのような理由が考えられるでしょうか。また、解決するための方法についても教えて欲しいと思っています。

不動産登記ができない場合には、以下のような理由が考えられます。 1. 遺産分...

購入を予定している土地が宅地化される可能性があると聞きました。この場合、登記と取引の際にどのような点に注意すべきでしょうか。

土地が宅地化される可能性があると聞いた場合、それがどういう意味であるかによって...

売主が倒産してしまった場合、取引は成立しないのでしょうか。手続きや取り扱い方法について教えてください。

売主が倒産した場合、売買契約に基づく商品の引渡しや代金の支払いなどの取引は成立...

取引が成立した後、売主から引き渡された不動産に瑕疵があった場合、売主に対する不動産売買債権の行使や損害賠償請求など、どのような方法があるのでしょうか。

不動産売買において、取引が成立した後に引き渡された不動産に瑕疵(欠陥・不具合)...

不動産売買契約を結んだ後、売主が物件を第三者に売却しようとしたと聞きました。契約に違反していると思いますが、どのように対応すべきでしょうか。

不動産売買契約を締結した後に売主が物件を第三者に売却しようとした場合、これは契...

土地譲渡税の計算方法や納税期限について、詳しく教えて欲しいと思っています。

土地譲渡税は、土地を売却または贈与する際に課される税金です。この税金は、国税徴...

不動産取引や登記の手続きには、どのような費用がかかるのでしょうか。また、それらの費用を削減する方法についても教えて欲しいと思っています。

不動産取引や登記の手続きには、様々な費用がかかることがあります。具体的には、以...

土地を購入する予定ですが、その土地について抵当権が設定されていると聞きました。抵当権について詳しく教えて欲しいと思っています。

抵当権とは、債務者が借り入れた資金の返済を保証するために、債権者が設定する担保...

築年数の経っている物件を購入しようと思っていますが、既存不良(死亡事故や水害、地震など)があった場合、それを知らなかったとしても買主にとってのデメリットがあるのでしょうか。

不動産物件の売買において、買主には自己の責任において自己の判断で物件について十...

Aさんは、マンションを購入するために不動産会社と契約を結びました。契約書には、物件価格や引渡し時期などが明記されていましたが、購入後に問題が発生しました。このような場合、契約書に基づいて訴訟を起こすことができるのでしょうか。

Aさんが不動産会社と購入契約を締結した場合、一般的には契約書に定められた情報を...

Jさんは、自身が所有するマンションを賃貸することになり、居住者に対して賃借契約書を交わしました。しかし、後に居住者が建物内で法律違反の行為をしていたことが判明しました。この場合、Jさんはどのように対処すれば良いでしょうか。

Jさんが所有するマンションを賃貸する場合、賃貸借契約書の交付が必要です。この契...

Bさんは、父親が所有していた土地を相続しました。しかし、父親が生前に誰にも伝えないまま他の人に土地を売却していたことが判明しました。この場合、Bさんは何かしらの権利を主張できるでしょうか。

相続においては、相続する財産の所有権と使用権が相続人に移転することにより、相続...

Cさんは、不動産売買の際に、売主から瑕疵担保責任についての説明を受けましたが、実際に引渡し後に多数の欠陥があることがわかりました。この場合、Cさんはどのような対処をすれば良いでしょうか。

不動産売買において、購入者が物件の瑕疵(欠陥)を受けた場合には法律的に何らかの...

Dさんは、土地を売却することになり、売却前に査定を受けました。査定結果により、Dさんは土地の市場価格よりも高い価格で売却することができましたが、後に査定に誤りがあったことが判明しました。この場合、Dさんはどのように対処すれば良いでしょうか。

Dさんが土地の査定を受け、その査定に基づき高額で売却することができた状況におい...

Eさんは、土地の所有者であり、隣地の持ち主が所有する樹木が自身の土地に侵入してきていることがわかりました。この場合、Eさんは何らかの権利を主張できるでしょうか。

土地所有者のEさんが隣地所有者の樹木が自分の土地に侵入している場合、Eさんは何...

Fさんは、土地を所有していましたが、資金難により売却することになりました。不動産会社を通じて売却価格が提示されましたが、他の仲介業者による査定結果よりも低い価格でした。この場合、Fさんはどのような対処をすれば良いでしょうか。

まずはじめに、Fさんが問題の不動産会社と売却契約を締結しているかどうかを確認す...

Gさんは、不動産会社を通じて土地を購入することになりましたが、取引前にマンション建設計画が発表され、その影響で土地の価格が大幅に上昇してしまいました。この場合、Gさんはどのような権利を主張できるでしょうか。

はじめに 本問題において、不動産会社を通じて土地を購入しようとしたGさんが、...

Hさんは、自身が所有するマンションを売却することになり、不動産会社を通じて仲介手数料が提示されました。しかし、その手数料が高額であることが判明しました。この場合、Hさんはどのような対処をすれば良いでしょうか。

不動産の売買に際して、不動産会社に依頼して仲介を行う場合、仲介手数料が発生しま...

Iさんは、土地を購入するために不動産会社と契約を結びましたが、契約後に土地の権利関係に問題があることがわかりました。この場合、Iさんはどのように対処すれば良いでしょうか。

Iさんが不動産会社と購入契約を締結した際には、購入する土地の権利関係が明示され...

一軒家を購入したが、所有権移転登記ができない 昨年、Aさんは都内の一軒家を購入しました。しかし、所在地の地番が旧式のままであり、所有権移転登記ができない状態が続いています。Aさんはどのように対処すべきでしょうか。

まず、所有権移転登記ができない原因は何であるかを明確にする必要があります。地番...

土地の共有名義人が特定できない Jさんは、先祖から相続した土地を売却しようと考えましたが、共有名義人が特定できませんでした。Jさんはどうすればいいでしょうか。

土地の共有名義人が特定できないという場合、まずは共有の起源や歴史、状況を確認す...

不動産会社からの不当な手数料請求に困っている Bさんは、不動産会社を通じて物件を購入しました。しかし、契約書にはなかった手数料を請求されており、支払うことに困っています。Bさんはどのように対処すべきでしょうか。

不動産会社から不当な手数料請求を受けた場合、Bさんはまずその手数料の正当性を疑...

相続した土地の登記について Cさんは、先祖から相続した土地を売却するために、登記簿謄本を取得しようとしました。しかし、登記簿謄本には、他の登記がなされているために売却ができないという情報が記載されていました。Cさんはどのように対応すべきでしょうか。

Cさんが相続した土地が、他の登記がなされているために売却ができないという情報が...

売却予定の物件の築年数につき、詐称があるかもしれない Dさんは、自宅マンションを売却することにした際、不動産会社から築年数についての質問を受けました。しかし、建設会社から提供された資料と、実際の築年数に矛盾があるように感じられています。Dさんはどのように対処すべきでしょうか。

Dさんが売却予定の物件の築年数について、詐称があるかもしれないと感じるようにな...

共有名義人による物件の売却について Eさんは、共有名義人である親が亡くなり、残された不動産を売却するために相談に来ました。共有名義人は3人おり、全員の合意を得なければ売却ができないとのことです。Eさんはどのように進めればいいでしょうか。

まず、物件の売却に関する手続きを行う前に、共有名義人間で話し合いを進めることが...

登記簿上の区画と実際の区画に乖離があることが判明した Fさんは、新築マンションを購入し、所有権移転登記を完了しました。ところが、実際に入居してみると、登記簿上の区画と実際の区画に乖離があることがわかりました。Fさんはどのように対処すべきでしょうか。

まず、Fさんは法的なアドバイスを受けることが重要です。このようなケースでは、不...

住宅ローン返済中に出生した子供の氏名を登記簿に追記したい Gさんは、住宅ローンを返済中ですが、出生した子供の氏名が登記簿に追記されていないことが判明しました。Gさんはどのように対処すべきでしょうか。

住宅ローン返済中に出生した子供の氏名を登記簿に追記する方法については、民法や登...

売却した物件の登記事項証明書に問題があった Hさんは、3年前に所有していた物件を売却しました。しかし、最近登記事項証明書を取得したところ、登録されている賃貸借契約が違っていたことが発覚しました。Hさんはどのように対処すべきでしょうか。

まず、Hさんが持っている登記事項証明書に記載されている賃貸借契約が正しいもので...

相続人が多数いるために土地の売却ができない Iさんは、先祖から相続した土地を売却したいと考えていたが、相続人が多数いるために売却ができない状態が続いています。Iさんはどのように対処すべきでしょうか。

相続人が多数いるケースにおいて、土地の売却が困難になることはよくあることです。...

Aさんは、都内で不動産会社を経営している経営者です。近隣にあるビルの売買を検討しており、登記についての法律相談をしたいと思います。 1. 建物を購入する場合、土地の所有権も一緒に取得する必要があるのでしょうか?

不動産の取引において、建物と土地は分離して扱うことができます。一般的な手続きと...

共有名義でのマンションの売買時に、書類関係でトラブルが起こった場合、どのような対処法がありますか?

共有名義でのマンションの売買において、書類関係でトラブルが発生した場合の対処法...

所有権が分割された土地を取得する場合、どのような登記手続きが必要ですか?

所有権が分割された土地を取得する場合、必要な登記手続きは以下の通りです。 1...

Bさんは、築20年のマンションを売却することになりました。売却にあたり、登記についての法律相談をしたいと思います。 3. 売却前に住宅ローンを完済した場合、住宅ローンの抹消登記は必要ですか?

住宅ローンを完済した場合、抹消登記を行わなければなりません。住宅ローンの抹消登...

売買対象物が実際に所有しているものと異なった場合、買主はどのような権利を有するのでしょうか?

売買対象物が実際に所有しているものと異なった場合、買主はある程度の権利を有しま...

Cさんは、土地を所有していますが、債権者から土地差し押さえを受けてしまいました。土地差し押さえの解除について、登記についての法律相談をしたいと思います。 5. 土地差し押さえの解除にはどのような手続きが必要ですか?

土地差し押さえとは、ある債権者が、相手方の不履行により債務が生じた場合、その債...

土地差し押さえの期間中に、差し押さえられた土地についての所有権変更登記をすることはできますか?

差し押さえは、担保物件を差し押さえることによって、債権者がその担保物件を強制的...

Dさんは、相続により所有している土地を売却することになりました。土地の売却に関する登記についての法律相談をしたいと思います。 7. 相続人として登記されている場合、他の相続人が知らないうちに土地を売却することはできますか?

相続人として土地の所有権を持つ場合、その土地の売却には全ての相続人の合意が必要...

相続により所有する土地を売却する場合、登記に必要な書類にはどのようなものがあるのでしょうか?

相続による土地の所有権移転には、相続登記が必要になります。つまり、相続人が正式...

Eさんは、マンションを共有名義で購入しましたが、共有名義での登記についての不安があるため、法律相談をしたいと思います。 9. 共有名義での登記にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

共有名義での登記は、複数の人が同じ不動産の所有者として登記されることを意味しま...

おすすめ法律相談

Fさんは、不動産の売買契約書を作成することになりました。しかし、契約条件があやふやであり、どのようなポイントに注意すればよいかを知りたいと相談してきました。

不動産の売買契約書を作成する際には、注意すべき点があります。契約条件が曖昧だと...

賃貸マンションで、管理会社から突然退去要求を受けた。理由が明確に提示されなかったため、不当な要求だと感じている。管理会社と話し合ったが解決しなかったため、弁護士に相談している。

まず初めに、賃貸マンションにおける退去要求に関する法律について説明します。 ...

不倫をしていた夫が、相手の女性との子どもができたと言って離婚を求めてきました。もともと仲が悪く、離婚は視野に入れていましたが、子どもができた場合はどうなるのでしょうか?

不倫をしていた夫が相手女性との子どもができた場合における、離婚に関する法的な観...

インターネット上で知り合った人に金銭を騙し取られました。返金を求める方法を教えてください。

はい、返金を求める方法についてお話しいたします。 まず、インターネット上で知...

「留学生で、携帯電話を使っていなかったため、契約を結べず、支払いができていない電話代金について、法的な手続きが取られたようで、困っています。どうしたらよいでしょうか?」

まず、電話代金については契約を結んでいても、支払いを怠った場合には法的な手続き...

Iさん(母親)は、夫と離婚し、子供を引き取っています。しかし、Iさんは病気や急用があるため、子供を一時的に父親に預けたいと考えています。しかし、父親は子供たちを虐待していた過去があり、Iさんは不安を感じています。Iさんはどのようにすれば子供たちを安全に預けられるか相談したいと考えています。

Iさんは、子供たちの安全性を確保するために適切な措置を講じる必要があります。ま...

Gさんは、建設会社との契約において、マンションの間取り図やデザインイメージが約束されたものと異なっていることに気付いたため、相談を考えています。そもそも、「約束されたもの」とは何か、法的にどのように立証すればよいでしょうか。

まず、「約束されたもの」とは契約書や口頭で約束された内容のことを指します。契約...

Jさん Jさんは、失業してしまい、生活費を稼ぐためにクレジットカードのキャッシングをしていたことが原因で、多額の借金を抱えています。今後の生活を考えると、どう対処すべきか悩んでいます。

Jさんが抱えている借金は、消費者金融からの借入やクレジットカードのキャッシング...

トイレの水漏れについての賃貸借契約トラブル

トイレの水漏れについての賃貸借契約トラブルについては、賃貸物件を提供する貸主側...

Bさんは、自転車で信号無視をしていたところ、左から来た車と衝突しました。幸いにも大事には至りませんでしたが、自転車が壊れ、医療費がかかりました。加害者は法律上の責任を認めず、トラブルに発展しています。どうすればよいでしょうか?

まず、自転車の衝突事故においては、自転車に対する保証が必要不可欠です。現在、自...