営業秘密・情報漏洩対策

営業秘密・情報漏洩対策

自社の営業秘密について漏洩の可能性がある社員がいると思われる。どのように対策すればよいか相談したい。

1. 社員機密保持義務の確認 まず、社員に適切な機密保持義務があることを確認し...

海外進出を考えており、現地の法律に則った営業秘密保護対策が必要だが、どのように取り組めばよいか相談したい。

海外進出においては、現地の法律に則った営業秘密保護対策が非常に重要です。という...

昨年、競合他社に重要な情報が漏洩し、大きな損害を被った。今後同様の被害を防ぐためにどのような対策を取るべきか相談したい。

今後同様の被害を防止するためには、機密情報や重要情報に対して適切なセキュリティ...

営業秘密保護契約を結んでいる元社員が、契約違反の行為を企んでいる。どのように対処すればよいか相談したい。

まず最初に、営業秘密保護契約とは、企業が自社の営業や技術上の秘密情報を外部に漏...

社内のパスワード管理に不備があることが判明し、営業秘密が漏洩する可能性がある。どのように対策すればよいか相談したい。

はじめに、社内で秘密情報が漏洩する可能性がある事態は非常に深刻な問題です。企業...

社員が社外に機密情報を送信したと疑われているが、証拠がないため確認ができない。どのように対処すればよいか相談したい。

...

業務委託先が、当社の営業秘密を漏洩する可能性がある。どのように対策すればよいか相談したい。

業務委託先が営業秘密を漏洩することは業務委託契約上の違反行為にあたり、損害賠償...

会社の規定に反して、社員が営業秘密を外部に出してしまった。どのようなリカバリーアクションを取ることができるか相談したい。

まず、社員が会社の営業秘密を外部に出したことは、機密漏洩として不適切な行為であ...

社員の退職後、別の企業で当社の営業秘密を使用された可能性がある。どのように調査すればよいか相談したい。

社員が退職後に当社の営業秘密を使用しているかどうかの調査方法はいくつかあります...

営業秘密保護のために、社内での情報共有を制限するべきか検討している。どのような観点から検討すればよいか相談したい。

社内での情報共有は、業務の円滑な進行や組織活動の効率化に欠かせないものですが、...

ある企業で働く営業担当者です。最近、競合他社から自社の製品や営業情報を盗み出されたという噂があります。どのような対策をすべきでしょうか?

企業において競合他社からの製品や営業情報の盗難は、大きな被害をもたらす恐れがあ...

私は小売業で働く社員です。社内で受注データや在庫情報を扱う際、USBメモリーなどの外部媒体を使用している人がいます。漏えいの可能性が懸念される場合、どのような対応をすべきでしょうか?

企業や個人情報の漏洩は深刻な問題であり、特に小売業のように個人情報を扱う業種に...

私は中小企業の社長です。社員には社外秘と社内秘があると説明していますが、実際には区別できていません。具体的にどのような対策が必要でしょうか?

中小企業でも法律上、社外秘と社内秘の区別が必要とされています。社外秘とは、一定...

私は法律事務所で働く弁護士です。先日、クライアントから営業秘密が漏洩したとの相談がありました。訴訟能力に欠ける相手に対してどのような手段があるでしょうか?

まず、営業秘密が漏洩した場合には、不正競争防止法が適用される可能性があります。...

私はメーカーで働く設計担当者です。知り合いから、競合他社で同じような製品が販売されると聞きました。自分が製品の重要な部分を担当している場合、どのように対応すべきでしょうか?

競合他社が同じような製品を販売する場合に、設計担当者が対処する必要がある可能性...

私はIT企業の社員です。取引先から受注したプロジェクトについて、社内で情報が漏れているとの噂があります。どのような対策をすべきでしょうか?

IT企業の社員であるあなたが、取引先から受注したプロジェクトについて、社内で情...

私は起業家です。自社の製品が海外で盗作され、類似品が販売されています。法的手段を取るにはどのような条件が必要でしょうか?

起業家の方が自社製品の盗作や類似品の販売に悩むのは、非常につらいことです。当然...

私は飲食店のオーナーです。先輩従業員が退職する際に、メニュー構成や仕込み方法をまとめた帳簿がなくなりました。営業秘密が漏洩した場合、どのように対応すべきでしょうか?

営業秘密の漏洩は、飲食店経営において大きな問題となります。「営業秘密」とは、顧...

私は医療業界で働く人材派遣会社の社員です。クライアントから、特定の業務に従事する派遣社員に対してNDAを締結するよう要請されました。必要な手続きや注意すべき点はあるでしょうか?

NDA(Non-Disclosure Agreement)とは、機密情報を取り...

私は製薬会社で働く開発担当者です。ライバル他社から、自社の新薬に関する情報が流出しているとの噂があります。どのような対策が必要でしょうか?

本件は、情報の流出に関する問題であり、機密情報を保護することが重要となります。...

Aさんの場合 AさんはIT企業に勤める営業職で、ライバル企業からのスカウトもあるほどの実力を持っている。最近、新規開発中の製品の情報が流出し、ライバル企業が同様の製品を発表したため、Aさんは営業秘密の保護について法律相談をしたいと思っている。

Aさんが抱えている問題は営業秘密の保護に関する問題です。営業秘密は、企業にとっ...

Jさんの場合 Jさんは不動産仲介会社に勤める営業職で、取引先の情報を扱っている。最近、Jさんが保持していた情報が漏洩し、重要な契約を失ってしまった。今後、情報管理に失敗しないための対策を講じる必要があると考えている。

不動産仲介会社に勤めるJさんが、取引先の情報を扱っていた際に情報が漏洩してしま...

Bさんの場合 Bさんはメガネ販売店の店長で、顧客情報や在庫情報などの営業秘密を扱っている。最近、元社員がライバル店に転職し、店の情報を持ち出したと噂が広がり、Bさんは情報漏洩対策を考えている。しかし、元社員に対する訴訟や追及に慎重な対応をしたいと思っている。

Bさんが直面している問題は、元社員が営業秘密を漏洩したことにより、自社のビジネ...

Cさんの場合 Cさんは新宿の居酒屋を経営している。従業員が口外し、公衆衛生上問題のあることが報道され、大きな打撃を受けた。今後は従業員の教育や情報管理についてより細かく管理する必要があると感じているため、法律相談をしたいと思っている。

Cさんのお店の従業員が口外し、公衆衛生上問題のあることが報道されたとのことです...

Dさんの場合 Dさんは医療機関に勤める管理職で、患者情報を扱っている。最近、職員によって患者情報が漏れたという事件があり、Dさんは情報漏洩対策について法的な見解を知りたいと思っている。

Dさんが勤める医療機関は、患者情報を取り扱う事業者として、個人情報保護法(以下...

Eさんの場合 Eさんは広告代理店の社員で、顧客企業の営業秘密を扱っている。先日、社員が取引先に営業秘密を漏洩したため、代理店は重要な契約を失うことになった。このような情報漏洩が再発しないため、対策を講じたいと思っている。

まず、Eさんが所属する広告代理店は、顧客企業の営業秘密を保護する義務があります...

Fさんの場合 Fさんは弁護士事務所に勤める弁護士であり、クライアントの機密情報を扱っている。最近、Fさんが担当する案件の情報がリークされたため、クライアントから不信感を抱かれてしまった。今後、クライアントの秘密情報を適切に管理するために、法律相談をしたいと思っている。

Fさんがクライアントの機密情報を扱っている立場にあることから、秘密情報の保護に...

Gさんの場合 Gさんは飲食店を経営している。最近、出店予定のエリアに同業者が進出することが判明し、営業秘密が漏れたと考えられている。今後、情報漏洩を防止するために、対策を講じる必要があると考えている。

Gさんは、情報漏洩に関して法律的な対策を講じる必要があります。具体的な対策とし...

Hさんの場合 Hさんは金融機関に勤める担当者で、顧客情報を扱っている。最近、個人情報の流出事件が報じられ、Hさんはこのような事件が再発しないために情報管理の改善策を探したいと思っている。

Hさんが勤める金融機関は、顧客情報を扱うことがあり、このような機関は個人情報保...

Iさんの場合 Iさんは印刷会社に勤める社員で、顧客の情報や印刷物のデータを扱っている。最近、社員の不注意によって顧客情報が外部流出し、重要契約が失敗する事態になってしまった。今後、情報漏洩を防止するために、具体的な対策を講じたいと思っている。

まず、Iさんの場合に考えられる法的問題は、個人情報保護法に基づく情報漏洩の責任...

自社の営業秘密が漏洩していると疑い、従業員のSさんを疑っています。しかし、証拠がなく対応に困っています。どうすればよいでしょうか?

営業秘密が漏洩された場合、企業にとっては大きな問題となります。従業員が秘密を漏...

業務上知り得た情報を、噂や社外者に漏らしてしまう従業員がいます。どのように指導・教育すべきでしょうか?

業務上知り得た情報を不適切に漏らす従業員は、情報漏洩を引き起こす深刻な問題です...

ある社員が退職し、新たな会社を設立しました。新会社に移籍した社員が、退職前に取得した営業秘密を使用している疑いがあります。このような場合、法的にどのように対応すればよいでしょうか?

社員が退職して新たに会社を設立した場合、新会社の基盤を作るために退職前に働いて...

取引先から、弊社の秘密情報をSNSで投稿されたと連絡がありました。どのように対応したら良いでしょうか?

このような場合は、まずは被害状況を確認する必要があります。投稿された内容が本当...

営業秘密を持っていた社員が個人事業主として独立し、競合会社と取引を始めたと知りました。このような場合、法的にどのように対応すればよいでしょうか?

本件において、営業秘密とは「企業が独自に開発・収集した、製品や技術などの情報、...

社員が業務中に機密情報を紛失してしまいました。情報漏洩につながりかねないため、どうするべきでしょうか?

社員が業務中に機密情報を紛失してしまうという状況に直面した場合、迅速かつ適切な...

社員が機密情報を紙媒体でコピーし、自宅に持ち帰ってしまいました。このような場合、どう対処するべきでしょうか?

社員が機密情報を持ち出すことは、企業にとって深刻な問題となります。このような事...

取引先との契約書をデータ化する際、取引先の機密情報が含まれる可能性があります。どのように情報漏洩を防止できるでしょうか?

...

業務委託先から、弊社の重要な情報が漏洩した疑いがあります。どのような対応をすればよいでしょうか?

業務委託先から弊社の重要な情報が漏洩している疑いがある場合、以下のような対応が...

弊社の業務を委託している業者から、我が社の機密情報が漏洩した可能性があります。どのように対応すればよいでしょうか?

1.はじめに 弊社の業務を委託している業者から、機密情報が漏洩した場合、その...

元営業マンの依頼人が、前職で働いていた会社に対して情報漏洩の疑いがかかってしまった。会社側から訴えられることがあるのか、またその場合どのような対応が必要か相談したい。

情報漏洩とは、機密情報や個人情報を、その許可なく他者に開示してしまうことを指し...

退職者が自社の顧客リストを持っていった疑いがある。退職届の際に調査を実施する場合、その調査方法について相談したい。

退職者が自社の顧客リストを持っていった場合、企業の関心事は自社の機密情報の漏洩...

自社で開発した特許技術をめぐり、取引先企業が不正競争行為を働いた疑いがある。法的措置を講じるため、営業秘密・情報漏洩対策について相談したい。

まず、営業秘密とは「企業が秘匿している情報で、他者に知られることによって企業に...

社内で営業秘密を持つ社員が自社の競合他社に転職し、競合他社から新規ビジネスを奪われている。どのような契約条項や法律的手段を持っているか、アドバイスを求めたい。

まず、営業秘密として保護される情報は、その情報の取得や利用には原則的に権利者の...

個人事業主として起業したが、元同僚から営業秘密を盗まれた疑いがある。訴えることができるかどうか、また訴える場合にどのようなアドバイスがあるか相談したい。

はじめに 本質的な話の前に、個人事業主として登記していない場合は、個人事業主...

社内に情報漏洩の疑いがあり、社内調査を実施することになった。法的に問題ない範囲での調査方法や、証拠収集方法について相談したい。

社内情報漏洩は企業にとって大きな問題であり、その解決には適切な調査や証拠収集が...

業務改善提案書に記載された営業秘密が外部へ漏れた疑いがある。提案先企業側が情報漏洩の責任を認めてくれるか、また補償が可能か相談したい。

まず、「営業秘密」とは何かを確認する必要があります。営業秘密とは、企業が保有す...

法務部門に所属する相談者が、営業部門の社員が顧客情報を不正に持ち出していることを発見した。内部告発をするべきかどうか、またその場合の手順についてアドバイスを求めたい。

法務部門に所属する相談者が、営業部門の社員が顧客情報を不正に持ち出しているとい...

社内で共通の利用者アカウントを用いるシステムの中で、他部署からアクセスされた疑いがある。透明性のある証拠収集方法や、漏洩していた場合の責任について相談したい。

社内で共通の利用者アカウントを用いるシステムがある場合、そのアカウントを使用す...

営業秘密が含まれる文書を紛失した疑いがある。紛失した文書を誰が管理していたか、紛失した影響について相談したい。

営業秘密に関する文書が紛失すると、企業の信頼性や信用に関わるため、迅速に対応す...

おすすめ法律相談

勤務規則には年次有給休暇が付与される旨が明記されていますが、実際には使わせてもらえずにいるため蓄積していっています。これは違法ではありませんか?

問題にされていることは、勤務規則において、「年次有給休暇が付与される」と明記さ...

私が勤める会社で、上司がパワハラを行っています。私はその証拠を収集しています。訴えるためには、どのように証拠を提出すればいいのでしょうか?

はじめに パワーハラスメントは、自己の立場や地位を利用し、弱い立場にある者に...

シングルマザーで、借金返済に苦しんでいます。元旦那の子供を1人育てていますが、生活費や子供の医療費で借金が膨らんでしまいました。

まず、借金返済に苦しむシングルマザーの方にとっての解決策は、自己破産や任意整理...

職場で暴力団関係者らしき人たちが出入りしていることがあります。何か対策を取るべきでしょうか?

職場で暴力団関係者らしき人たちが出入りしているという状況は、一般的には企業倫理...

Aさんの夫が家庭内暴力をしているため、子ども2人と離婚したいと思っています。しかし、夫は子どもたちを引き取ると言っており、Aさんは親権を争うことに不安を感じています。

家庭内暴力を受けた人が、離婚や親権をめぐる紛争を解決しようとする場合、まず最初...

ネットオークションで落札した商品が、実物とかけ離れていた。返品交換を希望したが、出品者側から全く返答がない。

はじめに 最近では、インターネット上での購入・販売が一般的になってきたため、...

Hさんは、ある企業から自分の著作物を無断で使用されたことがあります。その際、Hさんは自分の著作権を侵害されたとして、著作権侵害訴訟を提起しました。しかし、企業側は「使用する権利があった」と反論しています。このような場合、どのように判断すればよいでしょうか。

著作権侵害訴訟において、被告側が「使用する権利があった」と反論した場合、判断す...

Eさんは、医師として働いている高給取りです。彼女は、夫の稼ぎが自分よりも少ないため、財産分与を受け取る必要があるかどうか疑問に思っています。彼女自身は、貯蓄、自宅、車などの資産を持っています。

まず、財産分与とは、夫婦が離婚する際に、夫婦が共有している財産を配分することを...

伊東 恵美子さん(主婦、38歳)は、夫が家庭内暴力を行っていることに悩んでいます。夫の暴力は、物を壊したり、暴言を吐いたりすることが多く、子供たちにも影響を与えていると感じています。伊東さんが、夫の家庭内暴力に対して、どうすれば良いのか法律相談を行いたいと思っています。

伊東さんが夫から受けている家庭内暴力は、法律上の問題として認識されています。で...

Dさんはビジネスを始める際に、商標登録を怠ってしまった。その結果、同じ商品名を使う他社が出てきてしまった。Dさんはその他社に対し、商標侵害として訴訟を起こそうと思っているが、自分自身の登録の怠慢がネックになっている。

まず、商標登録がされていない場合でも、商標権を有することができる可能性がありま...