成年後見・後見人

成年後見・後見人

成年後見制度について教えてください。

成年後見制度とは、病気や障害等によって判断能力が失われた場合に、その人の利益を...

後見人が死亡した場合、どのように手続きを進めればよいのでしょうか。

後見人が死亡した場合、後見人と被後見人との関係は自動的に終了します。ただし、後...

父親が認知症になり、後見人を立てなければならない状況です。

はじめに、認知症とは、記憶力や判断力などが徐々に低下し、日常生活に支障をきたす...

後見人を辞めたいと思っています。手続き方法を教えてください。

後見人を辞める場合は、一定の手続きが必要です。後見人が裁判所に提出する文書を「...

母親が自立支援医療を受けています。後見人を立てる必要があるでしょうか。

自立支援医療とは、身体上の障害や病気等により生活上に支障をきたしている方が、医...

成年後見制度を利用する場合、費用はどのようになるのでしょうか。

成年後見制度は、精神障害、知的障害、身体障害などで意思決定能力が不十分な成年者...

後見人になるためにはどのような手続きが必要でしょうか。

後見人とは、精神や身体の障がい、高齢、病気等によって、自己の行為能力が十分でな...

後見人になった場合、どのような責任があるのでしょうか。

後見人になった場合、財産管理などの責任があります。具体的には、後見人として以下...

後見人になった場合、どのような権限があるのでしょうか。

後見人には、被後見人の法的行為能力が制限された場合に、法定代理人としての権限が...

後見人が悪意を持って、被後見人の財産を横領する可能性がある場合、どのように対応すればよいのでしょうか。

後見人は、被後見人の法定代理人として、被後見人の利益を最優先に考慮し、その利益...

Aさんは40代の男性で、母親が高齢のため、成年後見を考えています。母親は認知症の症状があり、日常生活に支障が出ている状態です。Aさんは自分自身が後見人になることを希望しています。しかし、兄弟姉妹たちから反対されているため、どうしたらよいか迷っています。

成年後見制度は、成年後見人によって被後見人の法律行為に関してサポートする制度で...

Bさんは70代の女性で、子どもたちが成年になったため、退職後は孫たちに会いに行くことを楽しみにしています。しかし、最近痴呆症の症状が出始め、自分で行動することが難しくなっています。Bさんの娘であるCさんが、成年後見を考えることにしました。しかし、Bさんは成年後見をする必要があるとは思っていません。

Bさんが痴呆症の症状を示しているため、その状態の中で法律行為を行った場合、その...

Dさんは50代女性で、障害者の利用者グループを運営しています。会計や書類作成なども行っていますが、最近事務的なミスが多くなってきました。利用者たちはDさんに信頼しているため、どうにかして解決したいと思っています。Dさん自身も、少しずつ仕事が手につかなくなってきていることを自覚しています。

Dさんが運営している障害者の利用者グループは、法人格を持たない任意団体である可...

Eさんは60代の男性で、子どもたちが独立したため、退職後は趣味の旅行を楽しんでいました。しかし、最近頻繁に外出するようになり、自分でもどこに行ったかわからなくなってしまうことがあります。妻のFさんが、成年後見をする必要性を感じていますが、Eさんは自分で全てのことを管理できると信じています。

Eさんは自分で全てのことを管理できると信じていますが、現実的には認知症等の病気...

Gさんは20代の男性で、自閉症のため、日常生活に支障をきたすことがあります。Gさんは大学に入学し、一人暮らしをしています。しかし、最近家賃や光熱費などの支払いが遅れるようになり、成年後見を勧められました。Gさん自身は後見人が必要なのかわからず、迷っています。

成年後見制度は、障害を抱えた人や高齢者が、自分で自分の生活を決めることができな...

Hさんは50代の男性で、アルコール依存症のため、仕事を失っています。Hさんの妻であるIさんは、家庭での生活費と家事をまかなっていますが、最近Hさんが酩酊して暴れることが多くなってきました。Iさんは成年後見を考えていますが、Hさんは自分で管理できると言い張っています。

本件において成年後見人の任命に該当する法律手続きは、成年後見制度法第5条に基づ...

Jさんは30代女性で、自己破産したため、収入がなくなってしまいました。Jさんは生活費をまかなうため、アルバイトをしていますが、最近精神的な負担が増えてきました。Jさんの母であるKさんが、成年後見をすることを提案していますが、Jさんは養っていくために自分で働くことができると思っています。

Jさんは、自己破産後に生活費をまかなうためにアルバイトをしているが、最近精神的...

Lさんは80代の男性で、自宅で一人暮らしをしています。最近、転倒して骨折し、入院していました。Lさんの息子であるMさんは、成年後見をすることを考えていますが、Lさんは自立して生活できると思っています。また、Lさんは元気になったら自宅に帰ることを望んでいます。

成年後見とは、認知症などによる判断能力の低下や身体的障害などにより、自分の意思...

Aさんは30代の男性で、精神障害を持っています。彼の両親が亡くなり、成年後見人を選任する必要があります。

Aさんが精神障害を持っており、両親が亡くなってしまった場合、彼の財産や生活を管...

Jさんは20代の男性で、思春期の発達障害を持っています。彼は大学に通っており、成年後見人を必要としています。

Jさんが思春期の発達障害を持っているということから、Jさんが成年後見人を必要と...

Bさんは60代の女性で、認知症になっています。彼女の夫は亡くなっており、子供たちは忙しく面倒を見ることができません。彼女は成年後見人を必要としています。

Bさんが成年後見人を必要としているということは、彼女が認知症になっていることか...

Cさんは20代の女性で、身体障害を持っています。彼女はまだ若く、将来のために成年後見人を選任する必要があります。

成年後見制度とは、身体的・精神的障害や高齢による判断能力の低下等により、自己の...

Dさんは40代の男性で、アルコール依存症です。彼は自己破産をしており、成年後見人を選任する必要があります。

アルコール依存症や自己破産のような問題がある場合、成年後見人を選定することは重...

Eさんは50代の男性で、発達障害を持っています。彼の親は高齢で、彼の面倒を見ることができません。彼は成年後見人を必要としています。

日本において、成年後見制度は、障害や高齢等により意思決定能力に制限がある人が、...

Fさんは70代の女性で、突然の脳卒中で右半身が不自由になりました。彼女は成年後見人を必要としています。

Fさんが70代の女性で、突然の脳卒中で右半身が不自由になったため、彼女が成年後...

Gさんは30代の男性で、知的障害を持っています。彼の両親は高齢で、彼をサポートすることができません。彼は成年後見人を必要としています。

Gさんが知的障害を持っている場合、その精神状態が常に安定するとは限らず、自分で...

Hさんは40代の女性で、うつ病になっています。彼女の夫は亡くなり、子供たちは自分の家族を抱えています。彼女は成年後見人を必要としています。

成年後見制度は、精神障がいや身体障がい、高齢や病気によって、自分自身で自分の生...

Iさんは50代の男性で、障害がないにもかかわらず、自分のお金の管理が苦手です。彼は成年後見人を選任する必要があります。

Iさんが自己管理が困難な状況にある場合、家族や友人が支援してくれることもあるで...

Aさんは、精神発達が遅れており、一人暮らしをしているが家事や生活面でのサポートが必要である。Aさんの親族であるBさんが、Aさんの成年後見を申し出てきた。しかし、AさんはBさんと疎遠になっており、後見人としての信頼関係が築けるか心配である。Aさんが後見人に望むことを聞き、その上で後見人についての説明を求めている。

今回のケースにおいて、Aさんは精神発達が遅れており、一人暮らしをしているが、家...

Kさんは、30歳の男性で知的障害がある。Kさんは職場で働いており、収入があるが、自分自身で財産を管理することができないため、後見人を募集している。しかし、後見人になってもらう人物が見つからず、どのように対処すべきか悩んでいる。

Kさんが知的障害を持っているため、自分自身で財産を管理することができず、後見人...

Cさんは、65歳の男性で自宅で単身暮らしをしている。最近、健康状態が悪化し、入院したこともあった。Cさんは、自分自身の財産を誰かに管理してほしいと考えており、自分の娘に後見を依頼しようと思っている。しかし、娘とは長年口げんかを続けているため、本当に娘が信頼できるかどうか、悩んでいる。

Cさんが自分の財産を誰かに管理してほしいと考えた場合、後見制度があります。後見...

Dさんは、20歳の女性で知的障害がある。現在、実家で両親に面倒を見てもらっているが、将来に備えて後見人を決めたいと思っている。しかし、Dさんには親族がおらず、後見人を誰に依頼すべきかを相談したい。

Dさんが将来に備えて後見人を決めるにあたり、まずは後見人に求められる条件を把握...

Eさんは、50歳の男性で、自己破産を経験したことがある。現在は借金もなく安定した生活を送っているが、将来的に再び借金をしてしまうことが心配である。そこで、後見人をつけて自分自身の財産を管理してもらい、借金の再発を防ぎたいと考えている。

自己破産を経験したEさんが、自身の財産を管理するために後見人をつけることは可能...

Fさんは、70歳の男性で娘が後見人を務めていたが、娘が突然亡くなってしまった。Fさんは、新たな後見人を探す必要があり、信頼できる人をどのように見つけるか悩んでいる。また、娘が残した遺産の相続についても相談したい。

Fさんが後見人を探す場合、まずは身近な人物から探すことが望ましいです。例えば、...

Gさんは、精神疾患を抱えており、自分自身で財産を管理することができなくなってきている。そのため、後見人を探しているが、Gさんの実家と絶縁しているため、親族には頼みたくないと考えている。身近な知人やその他の方法で、後見人を探す方法を相談したい。

精神疾患を抱えている方の財産管理には、後見制度があります。後見制度とは、法定代...

Hさんは、90歳の男性で、認知症を患っている。現在は施設に入所しており、娘が後見人を務めているが、娘が遠方に引っ越すことになったため、後見人を代替えしてほしいと相談があった。しかし、Hさんは娘以外の人物に後見人を代えることに強い反発を示しており、どのように解決すべきか悩んでいる。

後見人代替えに強く反発するHさんの懸念は、認知症のような心身機能の低下が進んで...

Iさんは、40歳の男性で、自分自身の後見を申し出た。Iさんには精神障害があり、結婚しているが、夫婦別姓であるため、配偶者には後見人になってもらえない。そのため、Iさん自身が後見を務めることにし、財産管理について相談したい。

Iさんにとって、後見とは、自分自身が精神障害によって、自己決定能力を失ってしま...

Jさんは、25歳の女性で知的障害がある。Jさんには両親がおり、後見人を務めているが、両親の離婚が決まったため、後見人を代替えする必要がある。しかし、Jさんは両親ともに大切な存在であり、どちらを後見人にするか悩んでいる。また、後見人が替わったことで、生活面での変化が起こることも心配している。

知的障害者の後見人については、法律で後見制度が定められています。後見人は、被後...

私は父親と暮らしていますが、父親は認知症が進行しており、生活全般の面倒をみることができません。そこで、成年後見制度を活用して、後見人をつけたいと思っています。どうしたらよいのでしょうか?

成年後見制度とは、判断能力が十分でない成年者の財産管理や生活上の支援などを行う...

私の祖母が高齢で、身体的な介護が必要となってきました。しかし、祖母自身は施設に入ることを嫌がっています。成年後見制度を活用することで、祖母の意見を尊重しながら、適切な支援を行えるのでしょうか?

成年後見制度は、高齢者や障害者などの生活・健康を保障するために設けられた制度で...

私には知的障がいを持つ兄がいますが、成年後見制度を知らなかったために、そのまま放置してしまいました。今は、私自身も高齢になってきたため、どうしていいかわかりません。成年後見制度を利用して、必要な支援を行うことができるのでしょうか?

はい、法的な手続きとして、成年後見制度を利用して必要な支援を受けることができま...

私は自閉症の息子がいますが、成年に達したために、離れて暮らすことになりました。しかし、息子は生活面や相続などを自力で解決することができません。成年後見制度を利用して、息子の支援を行うことができるのでしょうか?

はい、成年後見制度を利用することで、自閉症の息子さんの支援を行うことができます...

私は高齢の母親と二人暮らしをしています。母親は自己決定能力が低下しているため、生活全般の面倒をみることができません。成年後見制度を利用して、母親の生活支援を行うことができるのでしょうか? --- Fさんの相談

における成年後見制度とは、成年後見人による既成事実行為の承認(後見人による事前...

おすすめ法律相談

 貸し出し物件内のトラブルについて相談したい Gさんは借りている物件内で隣人との音のトラブルが起きており、睡眠や日常生活の質に大きな影響を与えている。自治体への報告や法的な対応の仕方を考えたい。

Gさんが借りている物件内で隣人との音のトラブルが起きている場合、まずは物件の賃...

遺言執行者とは何ですか?任命する場合の注意点はありますか?

遺言執行者とは、遺産を相続人に分配するために遺産分割協議書を作成する代わりに、...

株主総会の招集と仮想証券などのトレードについて D社の株主であるDさんが、株主総会の招集について相談してきました。Dさんは、取締役が株主総会を開催しないような態度を取っているため、どうすれば株主総会を招集することができるのか知りたいと考えています。また、仮想証券などのトレードについても、株主としての権利行使に影響があるのかどうかを知りたいとのことです。

まず、株主総会の招集についてですが、株主が定款や法律で定められた一定の割合を超...

同居している義理の息子から養育費をもらっているが、最近になって支払いが滞り、困っている。

義理の息子から養育費を受け取っている場合、その支払いが滞った際にどのような法的...

所有している不動産の競売を行いたいが、手続きや手数料等について相談したい

まず、所有している不動産の競売とは、所有者が自己の不動産を競売にかけ、その競売...

Bさんは、40代男性で家庭がありますが、昔付き合っていた女性から連絡が来るようになり、執拗なストーカー被害に悩んでいます。法律的に対処する方法はないのでしょうか。

日本では、ストーカー行為は被害者に大きな精神的苦痛を与える重大な犯罪行為とされ...

自分が正規の雇用者として扱われていないと感じ、給料が低くて悩んでいます。どのようにして対処すればいいでしょうか?

法律上は、労働者と雇用者との関係は、労働契約によって定められます。労働契約は、...

銀行から借りたお金が返済できず、取り立ての電話や手紙が来るようになった。返済計画の相談や整理をしてくれる法律相談を受けたい。

銀行から借りたお金を返済できなくなった場合には、取り立ての電話や手紙が来る場合...

Jさんは、会社に勤める社員です。就業規則で、社員が私用の電話やメールをする際には、社員自身で分担金を負担しなければならないと明記されています。Jさんは、私用の通話が多く、負担金が高くつくため困っています。この規定は適正でしょうか。

はじめに 本回答では、就業規則における私用通話に関する規定が適正かどうかにつ...

Eさんは、マンションを共有名義で購入しましたが、共有名義での登記についての不安があるため、法律相談をしたいと思います。 9. 共有名義での登記にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

共有名義での登記は、複数の人が同じ不動産の所有者として登記されることを意味しま...